集金業務のキャッシュレス化・DXの「エンペイ」が4億円調達

2021年4月1日、株式会社エンペイは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

保育園・こども園・幼稚園・学校・塾・習い事教室などに特化した集金業務支援サービス「enpay(エンペイ)」を提供しています。

リアルタイムでの支払状況の確認や、消込作業などをすべて自動管理することができます。

また集金業務だけでなく、会計データも自動作成するため、会計業務も効率化することができます。

決済・集金業務は、企業の利益に直結はしないものの、企業活動にとっては必要な業務です。

売掛金を回収しなければ商品を売ったことにはなりませんが、集金業務が企業の生産性向上の課題のひとつとなっていることが少なくありません。

特に教育の現場での集金では、現金をお釣りのでないように子供に持たせることで集金をすることが多く、非効率的なだけでなく紛失・盗難の危険性もあります。

株式会社エンペイ 代表取締役 森脇 潤一氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社エンペイ 代表取締役 森脇 潤一氏よりコメントが届きました!

森脇 潤一
メディックス、博報堂を経てリクルート入社。リクルートではAdTech、SaaS、FinTech等、一貫して新規事業開発を担当。 社内新規事業提案制度(NewRING)でグランプリを獲得、子育て支援SaaS「キッズリー」の責任者として事業成長を牽引しEXIT。 経済産業省「グローバル起業家等育成プログラム2016」シリコンバレー派遣メンバー。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

森脇:お金は本当に必要な方々に届けられているのか?という強い疑問を持っています。現在の仕組みに置いてどこに目詰まりがあるのかを考えた時に、壮大な事業構想の一歩めとしてエンペイを創ろうと決めました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

森脇:大変有難いことに、投資家、金融機関、サービス導入検討のご連絡まで沢山ご連絡を頂きました。何より嬉しかったのが、知人、友人、仲間からの応援メッセージです。強い自信と励みになりました。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

森脇:”お金の流れを円滑にし、幸せな社会を創造する”というビジョン達成に向けて、既存事業の圧倒的な成長は当然ながら、TOBTOC新たな金融サービスを展開して参りたいと思います。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX enpay SaaS エンペイ キャッシュレス化 会計 株式会社 自動化 資金調達 集金業務

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エンジニア・デザイナー特化の副業採用プラットフォーム「offers」運営の「overflow」が1億円調達
2020年3月3日、株式会社overflowは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハイ・クラス・エンジニアやデザイナーに特化した副業・複業採用プラットフォーム「Offers(オファー…
Webサイト多言語化の「Wovn Technologies」とデジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が業務提携
2020年10月13日、Wovn Technologies株式会社は、株式会社Sun Asteriskと業務提携を開始したことを発表しました。 Wovn Technologiesは、Webサイト多言語…
高級賃貸サイト「Modern Standard」と不動産テック総合ブランド「RENOSY」が統合
2020年12月7日、株式会社GA technologiesは、グループ会社である株式会社Modern Standardが運営する高級賃貸サイト「Modern Standard」と「RENOSY」のサ…
クラウド録画サービス「セーフィー」が新型コロナ対策支援パッケージの無料提供を開始
2021年1月19日、セーフィー株式会社は、「Safie Pocket2(セーフィー ポケット2)」を2カ月間無料で利用できる新型コロナ対策支援パッケージの提供を開始したことを発表しました。 セーフィ…
VR酔いを防ぐ移動技術を保有する「UNIVRS」が1億円調達
2020年7月30日、株式会社UNIVRSは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 特許出願中のVR酔いを防止する移動技術を保有しています。 今回の資金で、現在進めている以下の事業の拡…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ