ペットシッターのシェアリング・アプリ「ぱうわん」運営の「ぱうれんつ」が資金調達

2019年8月30日、株式会社ぱうれんつは、資金調達を実施したことを発表しました。

ペットシッターのシェアリング・アプリ「ぱうわん」を運営しています。

アプリから、100%有資格のペット・シッターに、必要な時の必要なだけを依頼することができるサービスです。

アプリにはGPS機能があり、シッターとペットの位置をリアル・タイムで確認することができます。

今回の資金は、「ぱうわん」上での獣医往診サービス提供に向けたシステム開発に充当されます。

株式会社 ぱうれんつ 代表 前田 葵氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社 ぱうれんつ 代表 前田 葵氏よりコメントが届きました!

前田 葵
・慶應義塾大学法学部卒業
・日米バイリンガル
・新卒で米国クラウドコンピューティング会社勤務後、帰国後セールスフォース・ドットコムにてデジタルマーケティング部門のプロジェクトマネジャーを経験後、LINE株式会社で広告開発業務に従事した後、起業。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

前田:主な経緯は、私自身がフルタイムで仕事をしながら犬を飼って、まだ日本には忙しい飼い主に寄り添うサービスが無いなと感じたことがきっかけです。(例えば急な外泊で一時預かりしたい際でも、事前に電話で予約して店舗まで来店してワクチン接種を預ける前に証明をしないといけなかったり。)

また動物シェルターでボランティアした際に、しつけや人馴れができている犬が多く、過去に愛されていた犬たちが捨てられる背景には、飼い主の責任ももちろんあるものの、家庭の中でお世話が大変な時に誰かにもっと気軽に頼れる社会であるべきだと思ったためです。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

前田:今回業界で著名な藤野獣医師に株主として参画いただいたことで、獣医師からの問い合わせが複数ありました。このコネクションはしっかり活かし、獣医往診においては唯一無二のアプリサービスにしていきたいと思います。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

前田:近年動物の健康寿命が伸び、今飼育されているペットの過半数はシニア犬、シニア猫と言われています。そのため動物病院に行く機会も何かと多くなりがちですが、その中で自宅に獣医がきてくれる往診診療は飼い主にもペットにも負担をかけづらいため、強いニーズがあります。「ぱうわん」アプリでは今後都内全域をサービス対象の目標に、往診医療を依頼できるプラットフォームとして開発を進めています。また東京だけでなく、関西や九州へのエリア展開や近隣アジアへの進出も視野に入れています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ぱうれんつ ぱうわん ペット ペットシッター マッチング 獣医往診サービス 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI作成支援プラットフォーム「harBest」運営の「APTO」が6,000万円調達
2020年12月22日、株式会社APTOは、約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI作成支援プラットフォーム「harBest(ハーベスト)」を運営しています。 AI作成のために必…
眼科遠隔診療サービス提供の「MITAS Medical」が資金調達
2020年10月1日、株式会社MITAS Medicalは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社タカギセイコーです。 眼科医以外でも診察に必要なクオリティの眼画像を簡単に撮影でき…
定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス運営の「ADDress」が資金調達
2020年8月6日、株式会社ADDressは、資金調達を実施したことを発表しました。 定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス「ADDress(アドレス)」を展開しています。 “住居”を自由に…
建設・土木の生産支援クラウド運営の「フォトラクション」が5.7億円調達
2020年5月27日、株式会社フォトラクションは、5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」を開発・運営し…
成果報酬型の訪日外国人送客サービス提供の「NIPPON Passport」が2億円調達
2020年2月14日、NIPPON Passport株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 成果報酬型の訪日外国人送客サービス「NP パス」を提供しています。 旅マエ・旅ナカの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ