教育系スタートアップの「noFRAME schools」が資金調達

株式会社noFRAME schoolsは、資金調達を実施したことを発表しました。

チャット型のプログラミング学習コンシェルジュ・サービス「学習コンシェルジュ」や、学習ログのシェア・サービス「LADDER」を開発・運営しています。

今回の資金は、「学習コンシェルジュ」や、「LADDER」、今後のサービス開発費用に充当されます。

株式会社 noFRAME schools 代表者のコメント

今回の資金調達について、株式会社 noFRAME schools CEOの渋川 駿伍氏より、コメントが届きました!

渋川駿伍
株式会社 noFRAME schools CEO
1998年まれ20才。
MITxMicroMastersB1(1年生) 、noFRAME schools,inc CEO、タイムバンク最年少上場、 JAPOCO(日本ポップコーン協会)会長
地元長野県の高校を卒業後、一年間のギャップイヤーを取得し、日本一周ヒッチハイクやお金を使わない実験を行う。
そこからMITのオンラインコース一期生となり、同年19才でnoFRAME schools,incを起業。
ー起業の経緯について教えてください。

自分自身、MITのオンラインコースで学んでいる経験から、幸せの定義が様々になる時代にオンラインでの学びも当たり前になると思っていました。
ですが、社会実装されるレベルまで使いやすくはないのが現状です。自分にとって、一番使いやすいサービスをこの歳で作れば一生使い続けることができると思い、起業を決意しました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

サービスの開発費用にあてます。
さらに、今後のサービス展開に向けての布石として、協力者を増やす意味合いで、資金調達をしました。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

サービスのトライアルユーザーが増えました。また、エンジェル投資家の方との繋がりができました。

ー起業家へのメッセージをお願いします。

起業してからというもの、真っ暗闇を進んでいくような感覚を、私は感じています。ですが、使ってくれるユーザーの声は進む先を照らす灯台になります。自分の行動指針やミッションは羅針盤となり、日々の積み重ねは、確実に世界を前進させていくと信じています。
自分なりの「暫定解」を持ちながら、哲学していく姿勢が大切であり、そしてそれがとてつもなく楽しいことだと、私は思います。

カテゴリ 有望企業
関連タグ 教育プログラム関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)