AI献立自動作成アプリ「me:new」の運営元が資金調達

2018年12月6日、株式会社ミーニューは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、東京電力エナジーパートナー(TEPCO EP)のCVCである東京電力フロンティアパートナーズ(TEPCO FP)です。

最長1週間の献立が簡単につくれるアプリ「me:new(ミーニュー)」を開発・提供しています。

“『期間』『使用したい材料』を指定して、まとめて献立作成する機能”、”買い物リスト自動作成機能”、”レシピを選んで、そのレシピを使用したバランス(栄養、味、調理法)の取れた献立を作成する機能”、”家族の好み記録機能”を特徴としています。

株式会社ミーニュー 代表取締役 三宅 伸之氏のコメント

今回の資金調達について、株式会社ミーニュー 代表取締役の三宅 伸之氏より、コメントが届きました。

ーこのサービスを思いついた経緯について教えてください。

私は26歳で結婚したのですが、私も妻も働いており、お互いに気持ちの余裕が無いイライラした日々を送っていました。しばらくして妻の大変さが分かり、家事を一緒にやるようになったのですが、特に大変だったのが料理でした。

平日は忙しいので、週末にレシピサイトやレシピ本を見ながらある程度献立を立てて、買い物リストを作ってまとめ買いをする、という方法を取っていたのですが、「これが自動化されれば、うちだけではなくて多くの家庭がすごく楽になるのでは!?」と考えて、今のサービスを思いつき、開発することになりました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

人材採用や、ユーザ獲得のために今回の資金調達を行いました。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

SNSで多くのいいねやコメントいただいております。

ー起業家へのメッセージをお願いします。

取り組むテーマは各社違うと思いますが、世の中を良くするために一緒に頑張りましょう。

編集部のコメント

編集者
AIの力で1週間の献立を自動で作成できる「me:new(ミーニュー)」。
共働きの家庭を対象としており、近年盛り上がりを見せているAIビジネスの中でも、AIの力をより身近に感じることができるものかもしれませんね。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI関連のニュース 健康事業関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集