三井不動産がベンチャー支援の50億円規模のファンドを設立

平成28年2月23日、三井不動産は、成長の見込めるベンチャーへの投資を目的としたファンドを設立したと発表しました。

運用総額は50億円です。40社~50社への出資を検討しています。

ベンチャーキャピタル大手のグローバル・ブレインとの共同で運営します。

出資分野は、不動産、IoT関連、エネルギーと幅広いものとなっています。

また、今春にも、交流拠点である「31ベンチャーズ」を東京・神保町と日本橋の2ヶ所に設立する予定です。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集