MakeLeaps(メイクリープス)とは?基本機能やメリット・デメリットを解説

創業手帳

クラウド型請求管理システム「MakeLeaps(メイクリープス) 」の基本機能と、導入するメリット・デメリットを解説します

MakeLeaps(メイクリープス)
社会的に働き方改革が進むなかで、どのようにして業務の効率化を行うべきか悩まれている経営者の方も多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、クラウド上で請求書や帳票を発行できる「MakeLeaps(メイクリープス) 」をご紹介します。基本機能や、自社にとってのメリット・デメリットを解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

MakeLeaps(メイクリープス)とは?

MakeLeaps(メイクリープス)とは、株式会社リコーがサービスを提供するクラウド型請求管理システムです。請求書・見積書といった帳票のデータをクラウド上で管理することで、これまで手作業でおこなっていた業務を大幅に削減できます。

MakeLeapsの基本機能

MakeLeapsの導入を検討している方は、基本機能からチェックしてみてください。請求書や見積書などの帳票を発行から送付までの流れをワンクリックで行えます。売上金の可視化にも対応しているため、企業の経営状況を数値として確認できます。

ワンクリックで書類作成と送付が可能

MakeLeapsは、ワンクリックで業務を進められます。あらかじめ、ひな形となる帳票を作成しておくことで、見積書や請求書、納品書など、ほかの帳票への変換がクリックだけで可能。また、送付ボタンをクリックするだけで、印刷・封入・投函までの作業を代行し、取引先へ自動で郵送できます。

お金の流れを可視化

キャッシュフローを可視化できるのも、MakeLeapsの特徴です、請求書を作成すると、売上・売掛などのデータが自動でグラフ化されるため、経営判断に役立ちます。また、会計管理システムとの連携に対応しており、MakeLeapsから出力したCSVファイルをインストールし、自動で仕訳・消込情報の登録を行えるのも便利です。

高度なセキュリティとサポートに対応

クラウド型サービスということもあり、セキュリティ面で不安を感じているかも多いのではないでしょうか。MakeLeapsは、安全性の高いセキュリティシステムを採用しているため、第三者へのデータ漏えいのリスクを軽減できます。さらに、チャットによる問い合わせにも対応しており、不明点や、サービスを利用する上で気になることの相談をいつでも行えます。

MakeLeapsを導入するメリット

これまでの働き方を改善したい企業にとって、MakeLeapsの導入はメリットとなります。クラウド型であるため、インターネット環境があれば、場所や時間を限定することなく、業務を行えます。さらに、入力ミスの軽減、業務効率の向上も可能としており、あらゆる面で企業にプラスとなるサービスです。

ネット環境があればどこでも請求書を作成できる

MakeLeapsを導入するメリットは、インターネット環境があればどこでも請求書の発行を行えることです。在宅勤務やシェアスペースなどでのテレワーク広がる中で、オフィス以外でも不便なく働ける環境が求められようになりました。

MakeLeapsは、クラウド型サービスを採用しているため、インターネットを用意すれば、場所による使用の制限を受けません。テレワークのために、会社から紙の資料を持ち出す必要もなく、負担軽減やデータ流失を防げます。

ヒューマンエラーを防ぎやすい

また、ヒューマンエラーを防ぎやすくなるのも、MakeLeapsを導入するメリットです。これまで、請求書やExcelに手入力していたことで、記載内容を間違えてしまった経験もあるのではないでしょうか。

一方、MakeLeapsでは、テンプレートを利用したり、顧客ごとに特定の番号を割り当てたりすることで、人的ミスを最小限に抑えられます。帳票作成スケジュール機能も搭載しているため、月ごとに必要な請求書に関しても、忘れることなく発行できます。

業務効率の向上に適している

MakeLeapsを導入する最大のメリットは、従業員の業務効率の向上です。ワンクリックで帳票作成から送付を自動で行えるほか、PDFファイルを何枚でも一括して取引先に送信できます。また、クラウド上でデータが管理されているため、社内での情報共有や、承認作業をスムーズに進められるようになります。

MakeLeapsを利用する際に気をつけたいデメリット

毎月固定の費用が発生する

MakeLeapsは、月ごとに料金を支払うサブスクリプション制を採用しています。法人プランの場合、1ユーザーごとに800円(税抜)の料金がかかるため、人数が多いほど固定費用が増えます。30日間の無料トライアルがありますが、期間を過ぎると有料プランへの移行が必要です。

データ管理をこまめに行う

クラウド型サービスを利用している以上、顧客先データに変更が生じたり、ひな形を編集したりする際には、その都度、担当者が管理をする必要があります。ワンタッチで簡単に帳票を作成できるものの、内容に誤りがあれば、取引先への信用低下を招く危険性も考えられます。定期的に、データを見直し、間違いが発生しないように気をつけましょう。

MakeLeapsの料金

無料プラン 個人プラン 法人プラン
月額料金(ユーザー1人あたり) 0円 500円(税抜) 800円(税抜)
取引先の上限 3社 10社 従量課金制
対応書類 見積書・請求書 すべて すべて
口座連携 × ×
承認フロー × ×

まとめ

クラウド型請求管理システムのMakeLeapsは、従業員の業務効率向上、働き方の改善に効果があります。紙媒体・Excelを用いて帳票作成していたことによる、ミスの軽減や、承認にかかっていた時間を減らし、業務全体をスムーズに進めることが可能です。自社が抱えている悩みを解決するためにも、MakeLeapsの導入を検討してみてください。

創業手帳冊子版では、従業員の業務負担削減につながるツールを解説しています。無料で配布をしておりますので、ぜひご活用ください。
関連記事
会計業務の煩雑さと重要性を再確認!何を使えばどれだけ負担が減るのか?!効率化に必要なサービスや機能とは
見積書・請求書作成ツールで業務はずっと楽になる!

創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ