これは便利!意外と時間がかかる社内外とのアポイント調整を自動化できるアプリ-Cu-hacker-でサラリーマンの30分を増やす

創業手帳

株式会社ジェネストリーム代表取締役 秋貞雄大氏 インタビュー

今やビジネスマンに無くてはならないツール、スマートフォン。情報収集・メール・日程管理・健康管理・地図検索・乗り換え案内…と多種多彩なアプリが日々登場しているが、その中でもスケジュール管理に関するアプリの占める割合は多い。

顧客とのアポ、社内でのアポと日程を調整するシーンがビジネスの場には多数発生する。これらの日程調整を自動化して、ビジネスマンの生産性を高められるアプリ「Cu-hacker」を企画・運営する株式会社ジェネストリーム代表取締役 秋貞雄大から、お話を伺った。

cuhacker_img02

本文を読む

秋貞 雄大(あきさだ ゆうだい)
株式会社ジェネストリーム代表取締役。2008年~2011年まで株式会社サイバーエージェント子会社のサイバー・バズへ出向。広告企画営業を担当する中でiPhoneとFacebookとTwitterに出会い、『自分も彼らに負けないくらいのプラットフォームを創りたい』と考え独立。企業ビジョンは『未来の当たり前が始まる会社を創ること』。Cu-hackerという「アポイント調整を10倍速くするツール」を企画・運営。企業ビジョンは『未来の当たり前が始まる会社を創ること』。

「世界一を目指す」を目標に起業

– 秋貞さんにとっての起業のきっかけは何ですか?

秋貞:インキュベーターファンドが主催するインキュベイトキャンプ(自分の事業をプレゼンする大会。上位3者は起業の権利を得ることができる。)がきっかけでした。『サラリーマンの30分を増やす』ということに集中してストーリーを作り、勝負しました。この時のプレゼンがCu-hackerの原型ともいえます。

何でも一番じゃないと嫌なので『世界一を目指す』ことを目標にしています。実現するには起業がベストな方法だと思ったからです。

– インキュベーターファンドの専門家(投資家)の方のアドバイスは効果的でしたか?

秋貞:投資家の方は、「社会的意義があるか」「どれだけの面が取れるか」、という二点を重要視するので、100件以上の案を出しては練り直してビジネスマンにフォーカスしたものを商品化することになりました。笑い話ですけれど、未だに理解してもらえないような案もあります。(笑)


『サラリーマンの30分を増やす』

Cu-hackerとは?

Cu-hackerとは?

– 素早くアポを設定するツール –

都合の良い時間を素早く見つけ、アポイントの設定をスピーディにします。ビジネスや業務の中でやる必要のないルーティーンワークや、自動化できる作業をwebの力を使うことで、面倒な作業から皆さんを解放することを目指して作られたツールです。最大の特徴は、メールの文面を自動で作成することと、カレンダーから抽出するところです。

– メールの文面まで自動作成してくれるという点がとても便利ですが、それはご自身の営業としての経験から得たヒントなのですか?

秋貞:営業職時代は、面倒くさいな…と思いながらも、ひたすら日程の調整を行っていました。ある時に日程調整には三つのパターンがあることに気が付き、そのうちの一つに対応すると連鎖的に別のことにも応用できることが見えてきたのです。
シンプルだからこそ、真似されにくいのだと思います。

– Cu-hackerを広めるために、どのような方法をとられましたか?

秋貞:ソフトを作りFacebookでリリースしました。Facebookの広告に掲載したり、知り合いに使ってもらったり、シェアすれば伝わるような記事を作ったり…
100人のユーザーが出来たら、次はそこからフィードバックをもらい、修正→フィードバック→修正と繰り返しました。地味なところからですが、これをどこまでやりきれるかが大切です。

– すべてお一人で行ったのですか?

秋貞:エンジニアとの共同作業です。自分の周りの身近な人々からのフィードバックなので、感覚も近く受け入れやすかったので柔軟に対応できました。スタッフは皆昼間は仕事を持っているので、夜にミーティングを行い、フィードバック→仮説→検証と順を追うごとにコアユーザーを増やして行きました。


仮説 → 検証 → 修正を素早く対応

– 大企業はお金も人材もあるのでリーンスタートアップをやらないですが、なぜ秋貞さんはやろうと思われたのですか?

秋貞:僕らの場合、知恵に頼るしかないのです。考えの深さを瞬発的に出せたり、バリエーションを多く出せるところが、強みだと思います。

リーンスタートアップとは

事業の立ち上げに関する方法論のうち、仮説構築、製品実装、軌道修正、という過程を迅速に繰り返すことによって、無駄・無価値な要素を最小限に抑えつつ素早く改良を続け、成功に近づくというビジネス開発手法

– 現在立てておられる仮説で、これから検証するものとは、どのようなことですか?

秋貞:『バイラルの仕組み』の検証をしています。『バイラル係数』といって、人が、どのように使ったら、一週間のうちに何人、人を呼び戻してくれるのか。例えば一人が使って、一人呼んでくれれば、バイラル係数1なのですが、“1”になるかどうかを、検証しようとしています。

– 人集めを人経由でどんどん行っていけるかを検証するということですか?

秋貞:その通りです。これを活用することで広告費がかからなくなりますし、何もしなくても、人が人を呼んでくれる夢のような仕組みを検証しています。経営というのはそのような仕組みを作るということなのです。何もしなくても、ヒト・モノ・カネが入ってくる状況にするのが、経営者なのです。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す