エンジェル投資家とのおすすめマッチングサービス|出資を得る方法やポイントも解説

資金調達コンサルティング

エンジェル投資家とのマッチングサービスを活用して創業初期の資金調達を成功させよう


スタートアップの成長フェーズの中でもアーリー期やシード期などは出資や融資をしてくれる先が限られていて、資金調達方法に苦慮する企業も少なくありません。

そんな企業の黎明期において力強い味方になってくれるのがエンジェル投資家ですが、資金調達に不慣れな起業家においてはそもそもエンジェル投資家とどこでコンタクトを取ればよいかよくわからない方もいるでしょう。

実は近年エンジェル投資家と起業家のマッチングサービスが普及しています。活用すれば、より効率的にエンジェル投資家からの出資を実現可能です。この記事ではエンジェル投資家から出資を得るうえでのポイントと、おすすめのエンジェル投資家マッチングサービスを紹介します。

また、創業手帳では、資金調達でお困りの方向けに創業アドバイザーが資金調達のコツを無料でアドバイスするサービスを展開しています。ぜひ、こちらも活用してみてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは、創業間もないスタートアップに対して出資をおこなう個人投資家のこと。

一般的には余裕のある富裕層が投資をおこなうケースが多いですが、このあと紹介するマッチングサービスの普及により、従来と比較すると小さい金額で出資をおこなう一般投資家も増加。起業家としては出資を得るチャンスが増えているといえるでしょう。

エンジェル投資家の多くは、銀行などの機関投資家のように厳格な与信基準をもっているわけではありません。ビジネス内容や将来性で共感が得られれば出資を受けるチャンスがあり、企業の黎明期でも資金調達が可能です。

エンジェル投資家の概要については、こちらの記事でさらに詳しく紹介しているので、合わせて読んでみてください。
起業を成功させるために知っておくべきエンジェル投資家のメリット・デメリット、探し方を解説

エンジェル投資家の探し方


起業家がエンジェル投資家と交渉し、出資を得る方法は大きくわけて次の3つが存在します。

  • SNSなどで出資を得る
  • ピッチコンテストに出る
  • マッチングサービスを利用する

出資を得るには、まず何よりも、エンジェル投資家とのつながりを作り、企業の魅力をアピールする機会を持つことが肝心。これら3つの方法を詳しく紹介していきます。

SNSなどで出資を募る

TwitterやFacebookなどのSNSは、現代の企業のマーケティングや集客において重要な役割を果たしていますが、エンジェル投資家との交流を持つツールとしても活用できます。

SNSを通じて出資してもらうためには、企業でおこなっているビジネスについて情報発信をし、またエンジェル投資家へダイレクトメッセージを送るなどして、つながりを持つことが大切です。エンジェル投資家から実際に反応があれば、その後はより詳細なビジネスの紹介や出資スキームの交渉に移ることができるでしょう。

ただし、コストをかけずに、多数の潜在的な交渉相手に自社の情報を伝えるチャンスがある点は魅力ですが、現実には無名の企業の記事に対して都合よく反応を示す投資家はなかなかいません。

例えば、起業家がすでに特定のエンジェル投資や富裕層とコネクションを持っている場合には、その人脈を活用して、SNSなどを活用し新たなエンジェル投資家を紹介してもらえる場合もあります。

ピッチコンテストに出る

日本にも、グローバルにスタートアップの成長をサポートするさまざまな企業や団体があり、その中のいくつかがピッチコンテストを主催しています。

こうしたピッチコンテストには、そもそも審査員などとしてエンジェル投資家が参画しているケースが多く、コンテストに参加すれば、自動的に参画している投資家に対するアピールが可能。また、有名なコンテストであれば参加したこと自体がさまざまなメディアに取り上げられ、さらに多くのエンジェル投資家の目に止まります。

もし、優秀なプレゼンテーションができれば、コンテストで表彰され、賞金や支援金などを得ることも可能。そうなれば、エンジェル投資家からの注目も集まり、一石二鳥です。

日本では、例えば次のようなピッチコンテストが定期的に開催されています。

  • Infinity Ventures Summit
  • Industry Co-Creation ™ (ICC) サミット
  • B Dash Camp

自社のビジネスをアピールして成長につなげたいという方は、ぜひ活用を検討してみましょう。

ただし、そもそもピッチコンテストでプレゼンテーションをするための選考があるケースが多く、またピッチ資料やプレゼンテーションの準備に多大な時間がかかるのが難点。特に創業黎明期においては、この準備にリソースをかけること自体が難しい企業も多いでしょう。

マッチングサービスを利用する

近年急速に普及しつつある新たな手法が、エンジェル投資家とのマッチングサービスの利用。同サービスはエンジェル投資家と起業家双方に、ニーズはあるのに、出会う機会が少ないという課題を背景に生まれてきたものです。

同サービスの中では、エンジェル投資家は自分が出資したいビジネスの特徴や、投資金額、起業家は自社のビジネスや希望出資額などを発信。双方のニーズが合えば、直接連絡を取り、出資を交渉し、詳細な条件に合意すれば、出資が実現します。

マッチングサービスを活用すれば、意欲的なエンジェル投資家にアプローチして、ほかの手法と比較して効率的に出資を得ることが可能です。

ここからは、今注目かつおすすめのエンジェル投資家へのアプローチ方法であるマッチングサービスについて、さらにクローズアップしていきます。

マッチングサービスを利用するメリット


エンジェル投資家からの出資を募るうえで、マッチングサービスを利用するメリットは主に次の3点です。

  • 投資意欲の高い人間と交渉できる
  • 短期間で多くの個人投資家と交渉ができる
  • 人脈形成にも有効

まずマッチングサービスに登録している人は、潜在的な投資家とは言え、巷のSNSなどでコンタクトする人よりも投資意欲の高い人たち。それぞれが自分が投資したいビジネスについて詳しく説明している場合も多く、より高い確率で自社に出資してくれそうなエンジェル投資家と出会うことができるでしょう。

マッチングサービスを利用すれば、そんな投資意欲の高い人たちに、すぐにコンタクトをおこなうことが可能。ピッチコンテストなどと比較して準備もあまり必要ないため、短期間のうちに出資交渉に移ることができます。

また、エンジェル投資家の多くは自分でもビジネスで成功したり、あるいはすでにほかのスタートアップに出資した実績を持っていたりします。そのため、企業経営やビジネスのアプローチについて豊富な知見を持っている人も少なくありません。

そのような人たちとマッチングサービスを通じて関係を築くことで、単なる出資者としてだけでなく、ビジネスに関するアドバイスなどをもらう機会を得られるかもしれません。場合によっては将来のビジネスパートナーになる可能性だって考えられます。

マッチングサービスで出資を勝ち取るためのポイント

マッチングサービスは起業家にとって便利なサービスですが、うまく出資にこぎつけるためには、適切なサービス選びや交渉をスムーズに進めるための準備が欠かせません。また、エンジェル投資家からの出資はいいことばかりではなく、そのリスクにも目を向けることが大切です。

ここではマッチングサービスで出資を勝ち取るためのポイントについて紹介します。

信頼できて、運営サポートが充実したサービスを利用する

マッチングサービスを利用するうえでは、ある程度は起業家の個人情報や企業の情報をサービス運営業者に明かす必要が出てきます。情報漏洩などのリスクを鑑みると、信頼のおけるマッチングサービスを利用することが大切です。

運営業者の所在地のチェックや、運営期間などを確認して、長期にわたり安定かつ継続しているサービスを選びましょう。

また、サービスによって、マッチングに向けたサポート内容には差があります。サポートがしっかりしているサービスにおいては、起業家と投資家の間に立って、積極的にマッチングを推進してくれます。せっかくマッチングサービスを活用するなら、このようなサポートの充実したサービスを利用するのがおすすめです。

経営体制の質の高さや事業領域の将来性をアピールする

エンジェル投資家は魅力的なリターンを求めて、スタートアップへの出資を行います。M&AやIPOなどによる投資資金の回収が見込める企業であると認められなければ、出資を得るのは容易ではありません。

そのようにエンジェル投資家に認められるためには、企業の成長が見込め、また魅力的であると理解してもらう必要があります。そのためには、経営体制の質の高さと、事業領域の将来性を的確に伝えることが大切です。

例えば経営体制については、次のようなポイントを的確に伝達しましょう。

  • 起業家をはじめ主要経営陣の経歴とスキル、実績
  • このビジネスを始めようと思った理由
  • ビジネスを通じて実現したいこと

これらをアピールすることで、ビジネスに対する共感を得るとともに、経営陣の質が高く、ビジネスを成功に導いてくれると信頼してもらいましょう。

また、事業領域の将来性については、次のような点をアピールします。

  • 事業領域の魅力や将来性
  • 事業領域の変更余地や柔軟性

着目したいのが二点目。特に企業の黎明期であればあるほど、当初描いていたビジネスがそのまま形になるとは限りません。リスクを負うエンジェル投資家の立場からすれば、事業領域を途中で修正可能な方が、投資回収の可能性が高まり、好まれるのです。

調達金額の根拠を明確にする

出資を得るためには、調達を希望する金額が妥当かつ合理的である必要があります。

低すぎれば、出資が企業のビジネス前進につながるのか疑念を持たれかねません。一方、高すぎる出資額は、投資家のリスクの観点から嫌気を持たれたり、高額な出資により経営権を他人に握られて、ガバナンスが効きづらくならないか疑念が持たれる可能性もあります。

企業の財務やビジネスのバリュエーションを的確に行ったうえで、身の丈に合った出資額を募ることはとても大切なのです。

エンジェル投資家から出資を受けることのリスクに注意する

エンジェル投資家からの出資は創業黎明期の企業にとってとても魅力的ですが、過度に依存することにはリスクも存在します。

  • 他人に経営権を握られるリスク
  • 過度にビジネスに意見を表明するリスク
  • 高い成長や速やかな成果を求められるリスク

これらはビジネスが向かい風の時の助言や、成長を加速させる原動力になる場合もありますが、起業家の経営の自由度を制限するものでもあります。これらのリスクを理解したうえで、エンジェル投資家からの出資は適切な規模におさめておくことが大切です。

おすすめのエンジェル投資家マッチングサービス5選

エンジェル投資家からの出資にはリスクもあるとはいえ、やはり創業黎明期の企業においては積極的に出資を募りたいところ。ここではそんな思いを抱く起業家にとっておすすめの、エンジェル投資家マッチングサービスを5つ紹介します。

Founder


Founderは日本最大級のマッチングサイトと銘打っているだけあって、登録者数は約5,000人と多くの投資家に利用されています。そのため、より多くの投資家と出会い、交渉を進めるチャンスがあるのです。

また、Founderでは簡単に事業計画を投稿する機能が付与されていて、事業計画には出資検討をしていない人も含めて誰でもコメントが可能。自社の事業計画のブラッシュアップに役立てることもできます。

さまざまな投資サイズのエンジェル投資家が登録されているのも特徴で、100万円程度の比較的低額の出資を受け付けているエンジェル投資家もいるため、創業初期の少額の資金調達にも活用できる一方、年商10億円程度の成長期にある企業にも利用されています。長期にわたり資金調達に活用できるマッチングサービスです。

エンジェルリスト


エンジェルリストはエンジェル投資家探しに付きまとう「怪しさ」の払しょくに注力していて信頼のおけるサービスです。本人認証の徹底や、投資家ごとの情報公開度の評価などにより、出資意欲のある正当なエンジェル投資家にアプローチできます。

起業家は事業概要と資金調達額、エンジェル投資家は募集対象地域や出資規模などを投稿できるのはほかの多くのサービスと同様。一方で、エンジェルリストではこれらの情報を投稿せずともエンジェル投資家にコンタクト可能です。

スピーディに資金調達を実現したい場合には、早期から直接交渉を始めてみるのもよいでしょう。

グッドエンジェル


グッドエンジェルの特徴は、起業家が業種ごとに分類のうえ掲載されている点。エンジェル投資家が出資を希望する業種をすぐに検索できるユーザビリティの高さが魅力です。

また、トップページにはエンジェル投資家、起業家双方においてPV数がランキング化されています。注目されているほかの起業家の特徴をつかんだり、出資希望が集まるエンジェル投資家の特徴や、資金調達ニーズの豊富な業種などをリサーチできます。

グッドエンジェルは小規模なビジネスにも適していて、中には10万円程度の出資を募っている起業家も。スモールビジネスの運営を想定している人にもおすすめです。

エンジェル投資総研


エンジェル投資総研はコストパフォーマンスの良さが特徴。本会員の登録費用が100年間で1万円となっております。また、仲介手数料などがないため、成約時のコストも抑えられるのです。

2007年からサービスを実施しており、まもなく15年が経過。歴史の浅いエンジェル投資家マッチングサービスが多いなか、比較的長期にわたり運営しているサービスであり、信頼がおけます。

また、積極的な情報発信も特徴で、エンジェル投資家、起業家双方にクローズアップした記事や、経済などの専門家による寄稿などが掲載されています。今後の資金調達や事業運営に役立てられるでしょう。

ANGEL PORT


ANGEL PORTはエンジェル投資家のプロフィールや過去の投資実績、ポートフォリオや出資規模などを公開しています。

また、興味のある事業やサービスにも触れられているため、起業家側はこれらの情報を参考に、企業の出資に応じてもらえそうな投資家を厳選して、効率よく交渉を進めることができます。

また、ANGEL PORTでは独自にエンジェル投資家に対する取材記事を積極的に発信しています。こうした記事を参考に、出資獲得や、今後のビジネスの進め方に対するヒントを得られるのです。

創業初期はエンジェル投資家のサポートが非常に有効

創業の黎明期において欠かせない資金の出し手であるエンジェル投資家ですが、起業家だからといって、有力なエンジェル投資家とコネクションがない人も少なくありません。

以前であれば、ここで起業が頓挫してしまうケースも少なくありませんでしたが、現在では今回紹介したようなマッチングサービスを活用するなどして、まだ見ぬエンジェル投資家と出会うチャンスがあります。

コストが比較的安いサービスも少なくないので、有力なエンジェル投資家からの出資を実現したい人は、ぜひ一度エンジェルマッチングサービスを活用してみましょう。

創業手帳では資金調達にお困りの方のご相談を受け付けています。ご相談内容を専門のアドバイザーがヒアリング。その時々にあった資金調達方法をプロの視点からアドバイス致します。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
関連記事
起業家におすすめの資金調達方法をフェーズごとに紹介
起業家におすすめのファクタリングサービスとは?活用法や選び方も紹介!

資金調達コンサルティング
このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ