CreativeCloudのメリット・デメリットとは?基本情報を合わせて解説!

創業手帳

Adobe社が提供する「CreativeCloud」のメリット・デメリットをご紹介します

CreativeCloud
インターネットを使ったマーケティングが広がるなか、動画作成やホームページ作成スキルが重宝されています。最近では、初心者でも簡単に取り扱えるツールが増えており、気軽にクリエイティブな作業を行えるようになりました。

本記事でご紹介するAdobe社の「CreativeCloud」は、画像・動画・Webサイト作成など幅広い用途向けのソフトウェアです。基本情報やメリット・デメリットをまとめているため、導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

Adobe社が提供する「CreativeCloud」とは?

「CreativeCloud」とは、Adobe社が販売しているアプリケーションです。動画・画像編集ソフト、グラフィックデザインソフト、Webサイト製作ソフトなどがパッケージ化されています。

従来、Adobe社では、買い切り方式のCSシリーズ(CreativeSuite)を販売していたものの、一般ユーザーにとって高額で手に届きにくいのが難点でした。2013年から、CreativeCloudに一本化し、月額・年間契約を採用したことで、比較的リーズナブルに使用できます。

CreativeCloudの基本情報

CreativeCloudが気になる方は、基本情報から確認しましょう。画像や動画編集や、オーディオ製作などクリエイター向けのソフトを20種類用意しています。さらに、クラウド型サービスを採用しているため、常に最新のバージョンにアップデートされるほか、クラウドストレージを利用できます。

20種類以上のソフトウェアをラインナップ

CreativeCloudでは、20種類以上のソフトウェアを販売しています。画像編集の「Photoshop」、動画編集の「Premiere Pro」、オーディオ製作の「Audition」などクリエイター向けのツールをまとめて使用できるのが特徴です。

クラウド型サービスを採用

従来の買い切り版と異なり、CreativeCloudは、クラウド型サービスを採用しています。クラウド型に切り替えたことで、常に新しいバージョンへのアップデートが可能となりました。また、個人版では20GB~10TB、グループ版(法人向け)は1ユーザーあたり100GBまでのクラウドストレージサービスを利用できるため、パソコンの容量が圧迫される心配が不要です。

学生・教育機関向けの割引サービスを提供

趣味からビジネスシーンまで幅広く使用できるCreativeCloudですが、学生・教育機関向けには特別価格で販売を行っています。個人向けプランは月額6,248円(税込)ですが、学割を利用すると2,178円(税込)まで割引されます。ただし、教育機関に在籍していることが必須であるため、法人企業としては利用できません。

CreativeCloudを導入するメリット

CreativeCloudを導入するメリットは、クリエイター向けのあらゆるソフトウェアを安く利用できる点です。また、クラウド型サービスであるため、デバイス間でのデータのやりとりを簡単に行えます。

複数のアプリケーションを安く利用できる

複数のアプリケーションを安く利用できるのが、CreativeCloudを導入するメリットです。CreativeCloudは、20種類以上のソフトウェアをパッケージにした「コンプリートプラン」と、それぞれのソフトウェアが単体で販売されています。

個別だと年間3~5万円近くかかりますが、法人向けのコンプリート版は、年間通常価格105,336円(税込)で20種類以上のソフトウェアすべてが使用可能です。必要なソフトウェアを個別に購入するよりも安く済むため、経費削減にもつながります。

デバイス間のやりとりに対応

デバイス間でデータのやりとりを行えるのもメリットです。CreativeCloudは、1ユーザーにつき最大2台まで登録できます。プライベートとビジネス用でパソコンを使い分けている方や、外出先でタブレットからデータを確認したい場合に便利です。

CreativeCloudのデメリット


一方で、CreativeCloudにはデメリットも存在します。毎月・毎年固定の費用が発生するため、予算に注意しなければなりません。多くの種類が用意されているものの、プランが少ない点にも不便を感じる可能性があります。

固定の料金を支払う必要がある

CreativeCloudを利用するためには、毎月・毎年固定の料金を支払わなければなりません。たとえば、20種類以上のソフトウェアを使用できるコンプリートプランは、年一括払いだと通常価格で10万円ほどかかります。使用している限り料金を支払い続ける必要があるため、毎年予算を用意しておく必要があります。

プランの選択肢が少ない

また、プランが少なく、ニーズに合わせて使いにくい点がデメリットです。CreativeCloudは、20種類以上のソフトウェアを含んだコンプリートプランと、個別販売の2パターンのみをラインナップしています。

たとえば、動画編集のみを行いたい場合、コンプリートプランでは使いきれないソフトウェアも多くあるほか、単体販売だと割高に感じるかもしれません。

CreativeCloudのプランと料金


CreativeCloudのコンプリートプランは、「個人版」「グループ版」「エンタープライズ版」の3種類があります。それぞれ、パッケージされているアプリケーションに違いはありませんが、ストレージ容量や、サポートサービスの内容が異なります。

また、エンタープライズ版は、50人以上の大規模組織向けで、より高度なサポートを受けられる「エンタープライスサポート」を年間無制限で利用できます。

個人版

グループ版

エンタープライズ版

コンプリートプラン料金(年間一括)

52,536円(税込)

105,336円(税込)

要問い合わせ

対象

個人利用

個人事業主・中小企業

50人以上の大規模組織向け

ボリュームディスカウント

×

モバイルアプリ

ストレージ

100GB

1TB~

1TB~

セキュリティ

伝送データの暗号化

伝送データの暗号化

伝送データの暗号化、保管データの暗号化

まとめ

CreativeCloudは、クリエイター向けのソフトウェアを安く使用したい方におすすめです。従来の買い切り型と異なり、大容量のクラウドストレージサービスの利用や、複数デバイス間でやりとりできるといったメリットがあります。固定料金が発生することや、プランが少ない点にデメリットがありますが、高度なコンテンツ作りに欠かせないソフトウェアです。

創業手帳冊子版では、企業におすすめのツールや、役立つ情報をご紹介しています。無料で配布をしておりますので、この機会にぜひご活用ください。

関連記事
便利な画像加工ツール、canvaを使ってみた
画像編集ソフトの選び方とおすすめソフト

創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ