クラウド型会計ソフトを導入する

資金調達手帳

注目のクラウド会計ソフトの5つのメリットとは?

accounting_cloud_apps_fig01

取材協力:freee 株式会社

クラウド会計ソフトとは、いつでも・どこでも・誰でも・簡単に経理業務を行うことができるツールだ。専門的な知識がなくても利用できるため、経理担当者を雇う余裕のないスタートアップベンチャー企業では導入のメリットは大きい。

本文を読む

従来の会計ソフトは「インストール型」であり、PCに専用ソフトをインストールし、そのPC上で業務する必要があった。しかしクラウド会計ソフトはその必要がない。PCでも、iPhoneでも、iPadでも、アプリをダウンロードしてインストールすると、インターネット経由、つまり「クラウド型」で経理業務を行う事ができる。

今回はそんなクラウド会計ソフトのメリットをまとめた。

関連記事:「会計ソフトを導入しよう」 ― タイプで比較、会計ソフトの特徴と選び方 ―

クラウド型会計ソフトの5つのメリット

メリット1:自動で帳簿がつけられる

例えば「クラウド会計ソフト freee」であれば、銀行やクレジットカードの口座を登録しておけば、自動で会計帳簿を作成してくれるため、経理業務に使っていた時間を大幅に削減することができる。

メリット2:マルチデバイス、Mac対応

インターネット環境さえあれば、スマホやタブレットからでもアクセス可能だ。職場、自宅、出張先など、どこからでも利用することができる。また、Macにも対応している。

メリット3:利用料が安い

クラウド型サービスの魅力に、利用料の安さがある。「クラウド会計ソフト freee」の場合、青色申告に対応した個人事業主プランは月額980円から、会社法に対応したプランは月額1980円から利用可能だ。

メリット4:帳簿の情報共有が簡単

ユーザーアカウントさえ持っていれば、複数人がリアルタイムで帳簿を共有する事ができる。例えば担当者と経営者、経営者と税理士事務所・会計事務所・アドバイザー間での共有を行うことができる。取引ごとにコメントやメッセージをやりとりすることも可能だ。

メリット5:他サービスとの連携

例えば「クラウド会計ソフト freee」であれば、モバイルカード決済の「Square」との連携によってカード決済の売上を連携出来る。面倒な清算処理もレシートを撮影して送るだけでデータ化できる「レシレコ」と連携。同じく面倒な交通費の清算も「モバイル Suica、SMART ICOCA、PiTaPa」との連携で解消できる。様々なサービスと自動連携出来る点もクラウド会計の大きな魅力だ。

freee_new_logoクラウド会計ソフト freee

ココ重要!

クラウド型会計ソフトの5つのメリット

  • 記帳の自動化
  • マルチデバイス、Mac対応
  • 安価な利用料
  • 帳簿の共有が簡単
  • 他の経理サービスとの連携

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

資金調達手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す