「絆」の媒体として顧客と向き合う「プラスワン」社長インタビュー

創業手帳

Tシャツを中心としたオリジナルグッズ業界で圧倒的なシェアを誇る「プラスワンインターナショナル」成功の秘訣

ますます拡大の一路を進むEC市場の中で、Tシャツを中心としたオリジナルグッズの制作・販売を展開している株式会社プラスワンインターナショナル。年商数千万~2億円ほどの企業が大半を占めているオリジナルグッズ業界で、プラスワンインターナショナルの昨年の売上高は約20億円。業界シェアNo.1の地位を盤石なものにしている。頭一つ飛び抜けた形でオリジナルグッズ業界のトップをひた走るプラスワンインターナショナルの成功の秘訣と、消費者のオリジナルグッズへのニーズの源流を探るべく、新開強社長にお話を伺った。

shingai01

本文を読む

新開強(しんがいつよし)1975年12月17日生まれ。香川県高松市出身。独協大学入学後渡米し、インディアナ州立大に編入。在学中の1998年に輸入衣料の販売を始め、99年にプラスワンインターナショナルを設立。2003年にオリジナルグッズの制作・販売に業態に変更し、ECサイトを中心とした展開で業界トップシェアの企業へと成長させる。

―オリジナルグッズ制作とは、どういった事業なんでしょうか?

新開:いわゆるマスプロダクションの既製品ではなく、会社のロゴやメッセージを商品にプリントした、他とは差別化したオリジナルグッズの制作を行っています。うちで一番多いのはTシャツですが、企業からの大量発注はもちろん、個人のお客様で1枚だけ作られるという方も、最近多いですね。

フルオーダーなので、お客様と1から一緒にものづくりをしていきます。当然1つ1つ全然違う内容になってくるから、結構手間はかかりますけどね。

例えば「青のTシャツにこんな感じのイラストを入れてほしい」と手書きのイラストを送ってこられるお客様がいらっしゃったら、青の色味からTシャツの形や素材、手書きイラストのトレースやデザイン、デザインに合った加工方法まで、すべてを提案していく。だから、お客様によってかかる時間は全然変わってきますね。

Webと実店舗のタッグで顧客のニーズに応える

―そこまで対応してくれる会社は、特にEC業界では少ないのではないでしょうか?

新開:そうですね、効率を重視していくと、データ入稿じゃないと受け付けないとか、やっぱりある程度の規格化が必要になってくるんでしょうね。だけど、オリジナルグッズを作ろうというお客様は、他にはないオリジナリティを求めてきてうちに来てくれているから、できる限り細かい要望まで応えていきたい。そういう思いから、実店舗も持つようになりました。

3年ほど前までは基本的にWEBだけでやってきましたが、お客様の要望に応えて細やかなサービスを提供していくには、どうしても限界がある。それで、2011年に1号店を渋谷にオープンして、今では6店舗を展開しています。今でも集客はWEBがほとんどで、基本的に店舗はその受け皿。サンプルもたくさんありますし、ショールームとしての役割と、商談のためのスペースとして活用しています。やっぱり、実際に顔を合わせて打ち合わせすることで、強い信頼関係も築けますし、リピーターの方も増えましたね

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す