注目のスタートアップ

Frich株式会社 富永源太郎|P2P互助プラットフォームの事業展開が注目の企業

P2P互助プラットフォームの事業展開で注目なのが富永源太郎さんが2018年1月に創業したFrich株式会社です。

P2Pとは「Peer-to-Peer(ピアトゥピア)」の略称で、端末がサーバを介さず端末同士で直接データファイルを共有することができることを言い、有名なところでは仮想通貨のやり取りで活用されている通信技術です。
このP2Pが保険分野に進出してきています。
簡単に言うと、知り合い同士でネット上のコミュニティを作りあらかじめお金を出し合っておき、その中の誰かがアクシデントに遭ったらそのお金を支払う、という仕組みです。
例えば、ペットが病気になって急にまとまったお金がいるとか、通販で購入した服が合わないから返品したいけど返品手数料や送料が自己負担になってしまう、といった、日常に潜むちょっとしたアクシデントが対象になり得ます。
予めこうした同じニーズを抱える人たち同士でセーフティコミュニティを作っておき、いざという時に助け合おう、というのがP2P互助プラットフォームです。
これにより、従来の保険や保証、公的支援の対象から外れてしまう人たちやニッチな補償内容までをカバーし、本当に必要な保証をコストパフォーマンス良く、自律分散的にあらゆる人たちが享受出来る世の中になるのでは、と注目が集まっています。

Frich株式会社のP2P互助プラットフォーム事業の特徴は、
既存の領域がカバーしていない領域でこそ、助け合いの仕組みであるP2P互助が果たす社会的役割があると考え、「保険ではない、次世代型のセーフティーネット」として「仲間同士のコミュニティ×保険」というP2P互助プラットフォームの発展に貢献している、という点です。

Frich株式会社の富永源太郎さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

Frichは、公的サポートや保険からどうしても取り残されてしまう人達に対して、みんなで創る新たな共助の仕組み(セーフティネット)を提供します。
同じリスクを共有する人達でお金を出しあい、万一のアクシデントに遭った人がいれば、出しあったお金をその人に給付するというものです。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

いわゆる「社会的弱者」の方々と、その方々をサポートしたいと思っている方に使っていただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

助け合い、支え合う共助の仕組みを再構築することです。
保険ふくめた公的・一般的なサポートからどうしても外れてしまう方が、切り捨てられ、自助のみで生きていく社会にするのではなく、テクノロジーを活用し、彼らが無理なく支え合える仕組みをつくることです。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

ビジネスモデルについて、投資家含めた関係者の理解を得ることが難しかったです。
明確な解決策はありませんでした。
しかし、SDGsやESGといった世の中の趨勢もあり、目の前の課題を1つ1つ丁寧にひも解きクリアしていくことで当社に対する理解を深めていただくことが出来ています。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

自治体や保険会社と連動して、彼らが補えない分野を迅速かつ効果的にサポートできるようなサービスにしていきたいです。
コロナ禍に代表されるとおり、世の中の不確実性は高まっています。
ものすごいスピードで生産され、細分化されていくリスクに対して、同じくらいの機動力でそのリスクをカバーできるようなサービスにしていきたいです。

・今の課題はなんですか?

リファラル以外のチャネルから、志と能力の両方を兼ね備えた人材を採用することです。
当社は、社会課題を解決したいというアツい志がある人材に対して、事業開発力、IT力、保険商品開発力のいずれか1つの高いスキルと経験を求めています。
採用条件がかなり厳しいことは認識しています。そのため、今までリファラル以外の採用はあまりうまくいっていません。
本格的な事業拡大フェーズに入ったため、他のスタートアップ同様、人材採用が大きな課題となっています。

・読者にメッセージをお願いします。

社会課題を解決することと、スタートアップとして短期的に大きな成長を遂げることとの両立は極めて難易度の高いチャレンジです。
しかし、そんな大きなチャレンジをしている当社の存在を知っていただけたら嬉しいです。
また、もし何かを感じていただけたのなら、困難は他の選択肢よりも確実に多いとは思いますが、皆さんにもぜひ社会をより良くするためのチャレンジをして欲しいです。

会社名 Frich株式会社
代表者名 富永源太郎
創業年 2018年1月
事業内容 P2P互助プラットフォームの開発・運営
サービス名 Frich(フリッチ)
所在地 東京都千代田区神田神保町2-2-24 阿久澤ビル2階
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ESG Frich P2P保険 SDGs インシュアテック セーフティネット 富永源太郎 社会課題
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

プラスチック代替の新素材「LIMEX」開発・製造・販売の「TBM」が20.6億円調達
2020年11月24日、株式会社TBMは、総額約20億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 プラスチックの代替となる、石灰石などの無機物を主原料とした新素材「LIMEX」を開発・製造…
CO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」運営の「ゼロボード」が資金調達
2021年10月4日、株式会社ゼロボードは、資金調達を実施したことを発表しました。 2021年9月21日にMBOを実施し、株式会社A.L.I. Technologiesが運営していたCO2排出量算出・…
「Public dots & Company」と「スカラ」の共同開発によるSDGs特化型「逆公募プロポーザル」サービスが開始
2020年11月9日、株式会社Public dots & Companyは、株式会社スカラと、「逆公募プロポーザル」サービスを共同で開発し、11月9日から提供を開始したことを発表しました。 「逆公募プ…
P2P保険プラットフォーム開発の「Frich」が「Plug and Play Japan」から日本初の資金調達
2019年9月18日、Frich株式会社は、Plug and Play Japanから資金調達することを発表しました。 Frichは、P2P保険プラットフォーム「Frich(フリッチ)」を開発していま…
国際組織が企業に脱炭素に向けた行動計画の開示を求める指針を発表
2021年10月14日、主要国の金融組織によって構成される金融安定理事会(FSB)は、脱炭素に向けた行動計画の開示を企業に求める新指針を発表しました。 金融安定理事会によって設置された気候関連財務情報…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ