注目のスタートアップ

プロテインを中心としたスポーツ栄養食品を製造・販売する「アルプロン」が4億円調達

company

2024年7月1日、株式会社アルプロンは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

アルプロンは、プロテインを中心としたスポーツ栄養食品を製造・販売しています。2024年7月現在、ドラッグストアなどの小売店やECサイトで製品を販売しています。

タンパク質危機に備えることを目的とした新たなタンパク原料の開発に向けた新規事業開発を見据えています。

今回の資金は、財務基盤の強化に充当します。


粉末プロテイン・飲料・菓子などを含めたタンパク質補給食品の2023年における国内市場規模は、前年比2.3%増の2,580億円規模と見込まれています。

2013年のタンパク質補給食品市場規模は623億円であったことから、10年で4倍以上に成長したということになります。

かつて粉末プロテインはアスリートやボディービルダーが身体を作るために利用するものというイメージがありました。しかし近年は栄養素としてのタンパク質への注目が高まったほか、コロナ禍の巣ごもり需要によって自宅でトレーニングを行う人が増え、身体づくりにプロテインを取り入れる消費者が増加したことで市場が拡大しています。

アルプロンは、創業21周年を迎えたプロテインメーカーです。徹底した品質管理の下、島根県の自社工場でプロテインの製造を行っています。

また、プロテインへの注目が高まる中で、タンパク質危機(プロテインクライシス)が世界的な課題として認識されています。タンパク質危機とは、世界的な人口増加と発展途上国の経済成長の影響により、早くて2025年~2030年ごろにタンパク質の需要が供給を上回る、つまりタンパク質が足りなくなってしまうという社会課題のことです。

これは、肉の消費量の増加に対し、農地・資源の確保が追いつかなくなることが原因であることから、肉以外のタンパク源の確保が重要な課題となっています。こうした中で、タンパク質補給食品は、将来人間がタンパク質を取る上で重要な要素のひとつとなる可能性があります。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受ける際の注意点など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アルプロン サプリメント タンパク質 タンパク質危機 トレーニング プロテイン 健康食品 栄養食品 株式会社 筋トレ 資金調達 開発 食品
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

伝統工芸品や地域のロケーション・体験を発掘し独自のストーリーテリングにより世界に届ける「物語運輸」が資金調達
2024年6月21日、物語運輸株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 物語運輸は、伝統工芸品や、地域の魅力あるローケーション・体験を発掘し、独自のストーリーテリングを通じて世界に届けていま…
「OLTA」が「きらぼし銀行」と共同で「OLTAクラウドファクタリング supported by きらぼし銀行」を開始
2022年6月16日、OLTA株式会社は、株式会社きらぼし銀行と共同で、ラウドファクタリング事業「OLTAクラウドファクタリング supported by きらぼし銀行」を立ち上げ、2022年6月16…
日本各地の生産物において特定期間の権利上のオーナーになることで特典を得られるサービス「Pocket Owners」がリリース
2022年6月7日、EXest株式会社は、「Pocket Owners(ポケット・オーナーズ)」をリリースしたことを発表しました。 「Pocket Owners」は、日本各地の生産物(農産物、水産品、…
鹿児島県の産地直送品を全国に届ける「かごしまぐるり」を運営する「オービジョン」に「フューチャーベンチャーキャピタル」が投資を実行
2022年11月15日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社チェンジ、株式会社チェンジ鹿児島と共同で2022年6月に設立した「かごしまスタートアップ支援投資事業有限責任組合(かごしまス…
製造業の業務プロセスの標準化を促進するSaaS「WALL」など提供の「SUPWAT」が1.5億円調達
2022年2月24日、株式会社SUPWATは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 製造業における研究開発・設計・生産領域において蓄積されたデータを活用し、業務プロセスの標…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】