注目のスタートアップ

乳幼児向けD2Cライフスタイルブランド「the kindest」を展開する「MiL」が5.5億円調達

company

2023年1月13日、株式会社MiLは、総額5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

MiLは、D2Cライフスタイルブランド「the kindest(カインデスト)」を展開しています。

5か月~1歳半頃までの乳幼児に向け、小児科医、管理栄養士、シェフと共に開発した離乳食やキッズフードをサブスクリプションモデル・単品で提供しています。

またEC販売だけでなく、小売店への展開も行っており、2022年12月には百貨店・ベビー専門店を中心に約600店舗に配荷しています。

今回の資金は、「the kindest」の商品カテゴリーとラインナップの拡充、より厳しい品質管理システムの構築、プラットフォーム改修、お役立ちコンテンツの充実、さらなる販路拡大を目指した体制強化などに充当します。


離乳食はより健康的な成長のために重要な要素のひとつです。

乳幼児は成長するに従って食べられるものが増え、必要とする栄養も増えていきます。

親は適切な栄養が含まれているか、適切な大きさ・形態にできているか、アレルギーがないかなどさまざまなことを考慮しながら離乳食を作る必要があります。

これは相当な負担となっており、現在ではさまざまな種類のレトルトのベビーフード・キッズフードが販売されています。

MiLの「the kindest」は、このベビーフード・キッズフードの領域において、ヘルスケアとエシカルに配慮したものをD2Cサブスクリプションモデルで提供していることを特徴としています。

離乳食を食べる時期はそう長くはないため、高単価なものでも手を出す消費者が多いほか、重要な時期に高品質なものを食べさせたいというニーズがあります。

また、離乳食を作る時間を削減し、子供にかまってあげられる時間を作りたい親などへのニーズもあると考えられます。

少子化によって子供の人口は減少していくことが想定されていますが、時代の流れによって高単価なものを選ぶ消費者が増加しているため、今後の成長に注目が必要です。

株式会社MiLのコメント

このニュースを受けまして、株式会社MiLよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

産前産後領域におけるWell-beingの実現のために活用してまいります。具体的には、「the kindest(カインデスト)」が提供する乳幼児期の「食育」経験を更に豊かにする商品カテゴリー及びラインアップの拡充をはじめ、より厳しい品質管理システムの構築、プラットフォーム改修、お役立ちコンテンツの充実、更なる販路の拡大を目指した体制強化等を行い、事業推進を加速させて参ります。
プレスリリースから引用)

・今後の展望を教えてください。

今後当社はデータプラットフォームを活用し、子育て家族向け商品やサービスを提供する企業とのマッチング強化を推進します。また、これまで培った当社のノウハウを活用したOEMやライセンスビジネスを含めたプラットフォームビジネスも展開して行きます。

国外では、アジア地域で成長の著しいベビーを含めたフードテック市場のニーズを取り込むべく、「the kindest(カインデスト)」で築き上げた安心のブランド力をレバレッジとして赤ちゃんからの「食育」を世界へ展開して参ります。

また、商品開発・品質管理基準と高い技術力は、今後社会的に更なる需要の高まりが見込まれる嚥下食、糖尿病食、減塩食を含むシニア領域にも展開をする予定です。
(プレスリリースから引用)

・読者へのメッセージをお願いします。

Well-beingな社会の実現に向けて今後も新サービスを展開してまいります。ご期待ください。

D2Cモデルではマーケティングや商品開発にとってネットやSNSの活用が重要です。「冊子版創業手帳」では、ネットPRのノウハウや、ネット通販のはじめ方、SNSの活用方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C MiL キッズ サブスクリプション 乳幼児 子ども 子供 株式会社 資金調達 離乳食 食品
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AR謎解きゲーム『サラと謎のハッカークラブ』運営の「プレティア」が2.8億円調達
2019年7月25日、プレティア株式会社は、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AR謎解きゲームである『サラと謎のハッカークラブ』を運営しています。 渋谷を舞台としており、…
生産・在庫・物流などの課題を解決するD2Cソリューション開発の「Brandit」が資金調達
2019年11月7日、株式会社Branditは、資金調達を実施したことを発表しました。 生産から物流までをワンストップで提供できるBtoB向けのソリューションを開発しています。 また、自社生産、自社E…
産業向けドローンサービスを提供する「テラドローン」が80億円調達
2022年3月23日、テラドローン株式会社は、総額80億円の資金調達を実施したことを発表しました。 テラドローンは、土木測量・森林測量・インフラ点検・プラント施設点検など産業別のドローン点検作業サービ…
スマホにかざすことでビジネスプロフィールが表示される電子名刺「Juice」がリリース
2022年8月10日、エスダムスメディアJAPAN株式会社は、関連会社のEYES iQ株式会社が開発した「Juice」がリリースされたことを発表しました。 「Juice」は、スマートフォンに搭載されて…
太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が12.3億円調達
2022年5月18日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額12億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、直近では、2022年4月8日に総額40億円の資金調達を発表しています。 …

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】