注目のスタートアップ

テレワーク向け音声通話サービス「roundz」提供の「ラウンズ」が資金調達

company

2022年6月24日、ラウンズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、2022年6月25日から株式投資型クラウドファンディングによる資金調達を開始することも発表しています。

ラウンズは、テレワーク用音声通話ツール「roundz」を提供しています。

Googleカレンダーや連携アプリの利用状況が反映され、チームの昼食中・会議中などのステータスを把握した上で声をかけられるテレワーク専用の音声通話ツールです。

同じ部屋にいる人全員に声が聞こえるため、同じ部屋で働いているような感覚を得られます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの企業でテレワークが急激に普及しました。

テレワークの普及をきっかけに、企業ではテレワークへの完全移行や、テレワークとオフィスワークを併用するハイブリッドワークの導入、オフィス分散など、新たな働き方を模索する動きが活性化しました。

テレワークを取り入れるにあたって重要なのが、コミュニケーションの問題です。

ビジネスチャット、メール、電話といったコミュニケーションツールはありますが、オフィスで気軽に話しかけるというコミュニケーションを代替するようなものではありません。

現実のオフィスでは、チームメンバーがどこでなにをしているのかがすぐに把握できますし、話しかけてもいいタイミングを見計らって話しかけることもできます。

そのためこういったテレワーク環境におけるコミュニケーションの課題を解決するため、オフィス環境をオンライン上に再現するバーチャルオフィスというサービスが登場しています。

バーチャルオフィスは一緒に働いているメンバーがどのような状態にあるのかを可視化することで、話していいタイミングがわかるようにしています。

また、ルーム上で複数人が同時に会話できたり、近くで会話している声が聞こえてきたりなど、偶発的なコミュニケーションを促進する機能を備えていることもあります。

ソフトウェアサービスだけでなく、専用のデバイスにより快適に音声の常時接続を実現するハードウェアサービスも登場しており、テレワーク環境におけるコミュニケーションツールは大きな注目が集まっています。

テレワークなど新たな働き方のためにはコミュニケーションツールなどICTツールの導入が必要です。「冊子版創業手帳」では、創業期における社内システムの構築について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ roundz コミュニケーション サービス チーム ツール テレワーク ラウンズ 会議 株式会社 資金調達 通話 音声
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

独自の無線多段中継テクノロジーによる無線通信ソリューションを提供する「PicoCELA」が「西尾レントオール」から資金調達
2023年1月16日、PicoCELA株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、西尾レントオール株式会社です。 PicoCELAは、無線通信に関する特許技術を活用した無線通信製品の…
ウェブノベルアプリ「TELLER」運営の「ピックアップ」がMBO 社名・サービス名を「テラーノベル」に変更
2022年6月15日、株式会社テラーノベルは、2022年1月1日に代表取締役である蜂谷宣人氏によるマネジメント・バイアウト(以下MBO)を実施し、親会社である合同会社DMM.comが保有する全株式の買…
再エネ100%×地産地消の電力サービス提供の「アスエネ」が3.75億円調達
2021年4月2日、アスエネ株式会社は、総額3億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 再エネ100%×地産地消が特徴のクリーン電力サービス「アスエネ」を提供しています。 製造業の工場…
個人向け銀行ローンDXプラットフォーム「クラウドローン」が「SMBCファイナンスサービス」と事前審査の連携を開始
2021年11月16日、クラウドローン株式会社は、SMBCファイナンスサービス株式会社と、事前審査の機能を備えた新バージョンの「クラウドローン」を開始することを発表しました。 クラウドローンの提供する…
「パーソルイノベーション」が介護ソフトなど展開の「ワイズマン」と業務提携 介護業界の人材不足解消へ
2022年6月15日、パーソルイノベーション株式会社は、株式会社ワイズマンと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 パーソルイノベーションは、パーソルグループの一員として、新規事業創造やオープン…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】