注目のスタートアップ

コンテンツプロデュース事業などを展開する「Minto」が資金調達

company

2022年5月10日、株式会社Mintoは、総額約6億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、株式会社カカオピッコマと資本業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。

Mintoは、漫画を活用したSNSマーケティングを展開する株式会社wwwaapと、NFT/メタバース領域でのIPプロデュースを行う株式会社クオンが経営統合して生まれた企業です。

クリエイターを中心に据え、クリエイターコミュニティ事業、コンテンツソリューション事業、IPプロデュース事業を展開することで、Minto独自の経済圏を創出することを目指しています。

2022年2月には、縦長スクロールとフルカラーを特徴とするWeb漫画(Webtoon)の制作スタジオ「Minto Studio(ミントスタジオ)」を立ち上げ、Webtoon事業を開始しています。

カカオピッコマは、人気漫画・SMARTOON(Webtoon)・オリジナル漫画・ライトノベルを楽しむことができる漫画アプリ/サイト「ピッコマ」を展開しています。

カカオピッコマとの提携により、カカオピッコマが保有する膨大なデータを活用し、Webtoonの開発体制を強化します。

また、漫画の特性を活かした新たな広告コンテンツの開発や、ブロックチェーン領域でのIP・コンテンツ開発なども行っていきます。

韓国発のデジタルコミックである「Webtoon(ウェブトゥーン)」の人気が世界的に高まっています。

Webtoonとは、スマートフォンの縦長の画面での閲覧に最適化した漫画(表現)で、縦長スクロール・フルカラーであることを特徴としています。

WebtoonはNaverが商標登録していることもあり、日本でWebtoonを展開するプラットフォームとして有名な「ピッコマ」はSMARTOONと呼んでいます。

世界のWebtoonの市場規模は、2021年の36億7,347万ドルから、2028年には262億1,359万ドルに達すると予測されています。地上波でドラマ化される作品もあり、今後主流なコンテンツのひとつとして定着するのではないかと考えられています。

日本は漫画大国として考えられていますが、Webtoonの領域に限っていえばヒット作がほとんど出ていません。Webtoonが世界に広まるスピードはとてつもないものがあり、日本の漫画/エンターテインメント業界にはこの流れに置いていかれるのではないかという危機感が漂っています。

Mintoは、日本発の世界に広がるコンテンツを創造することを目指し、Webtoon制作スタジオ「Minto Studio」の運営など様々な事業を展開していくようです。

他社との提携や協業は、収益を伸ばすだけでなく、新たなイノベーションにもつながるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IP Mint NFT SMARTOON SNSマーケティング webtoon エンターテインメント カカオピッコマ クリエイター コミュニティ コンテンツ ピッコマ プロデュース マンガ メタバース 株式会社 漫画 経済圏 資本業務提携 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

材料を識別できる超高感度・高解像X線カラー・イメージ・センサー開発の「ANSeeN」が10.8億円調達
2020年9月7日、株式会社ANSeeNは、総額10億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 静岡大学の技術である化合物半導体放射線センサの製造技術をコアとして、2011年に設立した大…
営業特化型Web会議システム「bellFace」提供の「ベルフェイス」が52億円調達
2020年2月17日、ベルフェイス株式会社は、総額52億円の資金調達を実施したことを発表しました。 遠隔営業を支援するWeb会議システム「bellFace」を提供しています。 営業先は、アプリのインス…
DXに関するあらゆるサービスをサブスクによって包括的に提供する「INDUSTRIAL-X」が2.5億円調達
2022年3月30日、株式会社INDUSTRIAL-Xは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 INDUSTRIAL-Xは、DX推進のためのコンサルティングサービス「Reso…
製造業の原価管理をIoTで自動化する「GenKan」提供の「KOSKA」が2.5億円調達
2020年10月19日、株式会社KOSKAは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「GenKan」の正式版のリリースも併せて発表しました。 KOSKAが提供する「Ge…
農業支援・青果卸売事業展開の「Happy Quality」が1億円調達
2020年2月28日、株式会社Happy Qualityは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 農業における社会課題を、テクノロジーで解決するため、データドリブン農業の研究開発を行って…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ