注目のスタートアップ

eスポーツチームや大会運営などeスポーツ事業を展開する「Fennel」が2億円調達

company

2022年3月2日、株式会社Fennelは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

eスポーツチーム運営事業、eスポーツ大会運営事業、アパレル事業を展開しています。

2022年3月現在、『VALORANT』、『Apex Legends』、『PUBG MOBILE』、『荒野行動』、『第五人格』、『LOL:Wild Rift』の6タイトルでチームを運営しています。

また、『Apex Legends』では、国際大会となる「FFL GALLERIA GLOBAL CHALLENGE(FFL GGC)」を運営するなどの実績をあげています。

eスポーツ企業としてアパレル事業にも力を入れており、東京・大阪のポップアップストアでの販売など、様々な取り組みを行っています。

今回の資金は、国内外におけるeスポーツ選手の獲得、コーチ・アナリスト・育成選手・ストリーマー(配信者)の採用、大会運営のバージョンアップ、オリジナルブランドの本格展開に充当されます。

eスポーツ市場の市場規模は年々拡大傾向にあります。

新型コロナウイルス感染症による巣篭もり需要が大きく、ゲーム関連のライブストリーミング視聴者数も増加し、それに伴ってeスポーツシーンの視聴者も増加しています。

また、ストリーマー(配信者)を主体とした競技的な大会の開催が増えたこと、影響力のあるストリーマーが競技シーンに注目していること、eスポーツ選手の配信活動への注力などもあり、国内では急激にeスポーツシーンが盛り上がっています。

Fennelが開催した「FFL GGC」の公式配信が、同時接続者数約5万2,000人を記録するなど、eスポーツを観戦する人びとも増えており、今後のさらなる拡大が期待されます。

一方で、コロナ禍はeスポーツ大会の運営にとっては大きな障害でもあります。

ゲームの大会はオンラインで開催でできるから影響はさほどないだろう、と考える人もいるかもしれません。

しかし瞬間的な判断を必要とする格闘ゲームやシューティングゲームでは、インターネット回線が悪いほうが損をすることになってしまいます。そのため、大きな大会はオフラインでの開催が一般的となっているのです。また、現地に観客を入れることができるのも興行的に重要であるのはいうまでもありません。

とはいえ、こういった回線や観客の問題は5GとVRの普及によって解決できると考えられます。

ゲームの演出は、どちらかといえばサイバーな演出が食い合わせがいいこともあり、まずはeスポーツの領域で5GやVRといった最先端技術が活用されていくことになるでしょう。

eスポーツ市場は周辺ビジネスから見ても今後の可能性が期待されており、投資案件も増えてくるのではないかと考えられます。

他業種との提携や協業は、収益を伸ばすだけでなく、新たなイノベーションにもつながるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Apex Legends eスポーツ Fennel VALORANT アパレル チーム 大会 株式会社 資金調達 運営
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データとCRMを活用したキッチンカー事業を展開する「muuve」が4,000万円調達
2021年10月12日、muuve株式会社は、4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サムライインキュベートが運営する「Samurai Incubate Fund 6…
「リアルテックホールディングス」が糖鎖ナノテクノロジーを用いた迅速PCR検査法の開発・受託研究の「スディックスバイオテック」に投資を実施
2020年12月21日、リアルテックホールディングス株式会社は、株式会社スディックスバイオテックへの投資を実施したことを発表しました。 スディックスバイオテックは、糖鎖ナノテクノロジーを用いた迅速PC…
衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」開発の「ワープスペース」が4億円調達
2021年4月19日、株式会社ワープスペースは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 小型光中継衛星による衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」を開発し…
スマートフォンから注文できるスクールランチサービス提供の「PECOFREE」が資金調達
2021年9月6日、株式会社PECOFREEは、資金調達を実施したことを発表しました。 学校で食べる食事をスマートフォンから予約注文できるサービス「PECOFREE」を開発・運営しています。 毎日、栄…
デジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が10億円調達
2019年12月4日、株式会社Sun Asteriskは、約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、農林中央金庫です。 Sun Asteriskは、国内外に総勢1,500名のエンジ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ