illustratorを無料で使う方法とは

創業手帳

illustratorの無料版はどのように入手する?無料でダウンロードして使う方法と類似したドローソフトを解説

illustrator(イラストレーター)は最も有名なグラフィックソフトと言っても過言ではありません。
使える機能もプロ仕様で充実しており、さまざまな用途で使用する画像作成を一手に担っています。

しかし、illustratorは有料であり、機能の豊富さの分だけ高価なので導入に踏み切れないかもしれません。
また、使ったことのない方であれば、なおさら購入は決断しにくいものです。
そこで、illustratorを無料で利用して、使い勝手を試す方法をまとめました。また、有料では導入が難しい場合のために、無料で使える類似ソフトも紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

illustratorの概要


illustrator(イラストレーター)は、Adobe(アドビ)社が提供しているグラフィックデザインツールです。
有料のドローソフトとして、大変有名で、デザイン関連の仕事に従事しているのなら、見聞きしたり使用したりする経験がある人も多いかもしれません。
デザインに携わったことのない人でも、ソフト名くらいは聞いたことがあるでしょう。

同様に、Adobeの有料ソフトで著名なものに、Photoshop(フォトショップ)がありますが、こちらはillustratorとは違った画像関連ソフトです。
このAdobe社のillustratorとフォトショップは有料にも関わらず、大変多くのデザイン関係の従事者に利用されています。

illustratorでできること

illustratorは、滑らかで美しい画像、イラストが描けるドローソフトです。illustratorでできることは多種多様なため、主なものを以下にまとめました。

・丸や四角形、星型などの図形を作成
illustratorでは、丸や四角形、星型などの図形を簡単な操作で作れます。それぞれの図形ごとにツールがあり、図形自体も変形できます。

・ロゴの作成
illustratorでは、さまざまなフォントの文字を入力するだけでなく、文字の装飾もできます。
文字にモチーフを付け加えたり、文字の要素(漢字の部首など)をバラバラにして移動させたりする工夫も可能です。
デフォルトのフォントだけでなく、オリジナルの文字でロゴ作成でき、自社のイメージをより鮮明に伝えられます。

・ペンツールでイラストの作画
illustratorでは、ペンツールを使用してオリジナルのイラストを作成できます。図形を組み合わせたり上記の方法も組み合わせ、自由な発想で絵を描けます。
ペンタブなどがなくても、マウスでも操作は可能です。

同じくAdobeの画像系ツールで有名なフォトショップと違う点は、illustratorはデザイン制作が中心です。
フォトショップは画像の修正、編集に長けており、色合いや質感を調整できます。

illustratorの料金プラン

illustratorは、Adobe Creative Cloudで購入できます。
料金プランは、個人や法人、学生や教育機関など利用者によって異なります。また、利用できるプランも異なるため、プラン選択の際には注意が必要です。

Adobe Creative Cloudで取り扱いのあるプランと初年度の料金(税別)

単体プラン Illustratorプラン コンプリートプラン
個人 2,480円/月 なし 5,680円/月
法人 3,780円/月 なし 7,980円/月
学生・教職員 なし 980円/月 1,980円/月
教育機関(小規模) 1,680円/月 なし 3,680円/月
教育機関(クラス、研究室) なし なし 33,000円/年

企業がillustratorを使いたい場合には、単体プランを利用できます。年間一括払いの場合、26,160円です。
他のAdobeソフトも使いたい場合には、コンプリートプランもあります。
コンプリートプランの年間一括払いの料金は65,760円です。illustratorを含む全てのアプリケーションを利用できます。

個人事業主の場合にも単体プランとコンプリートプランのどちらがか利用可能です。また、サブスクリプションサービスもあります。

illustratorを無料で使うには


illustratorは上記の料金表を見て分かる通り、月々2千円~4千円近くコストがかかるソフトです。
そのため、使いたくても、コストをかける価値があるか分からずに導入を躊躇する人もいます。
そのような時には、illustratorを無料で利用してみて価値を確認するのをおすすめします。

illustratorを無料で使う方法や、使える期間をチェックしてみましょう。

体験版を無料でダウンロードする

Adobe Creative Cloudでは、購入画面の中に「体験版で始める」というリンクがあります。
気になるけれどいきなり有料プランでを使えるのかと迷っている人は、体験版から始めるのがおすすめです。
移動先には、購入前に利用できる無料体験のスタート画面があり、有料のillustratorが期間限定で無料体験できます。
また、illustratorを含むAdobeのすべてのソフトを利用できる「コンプリートプラン」も無料体験が可能です。

メールアドレスを入力し、購入手続きを行うと、無料でダウンロードができます。
ただし、無料期間が終了すると、そのまま有料プランに移行するため、解約したい場合は早めの手続きが必要です。

無料体験期間

illustratorの無料期間は、ダウンロードから7日間です。
無料でのダウンロード時にクレジットカードの登録すると、その後は自動で有料に移行するため、有料にしたくない人は注意が必要です。
使っても使わなくても、無料期間は7日間のみなので、使うタイミングに合わせて無料体験を始めた方が良いでしょう。

利用条件

illustratorの無料体験版の利用条件は特にありません。
無料でも、illustratorに含まれている全ての機能を使えます。ただし、無料体験は一度のみで、次からは有料でのみ利用可能です。

illustratorの機能


illustratorの機能について、もう少し具体的に解説していきます。
上記「illustratorのできること」で紹介した内容は、以下の機能を使ってできます。illustratorの機能や使い方をチェックしてみましょう。

絵を描く機能

絵を描くのはillustratorの代表的な機能で、詳細は以下のようなものがあります。それぞれの機能を組み合わせ、美しいデザインの画像を仕上げられます。

図形の組み合わせでデザイン

図形はillustratorの機能としても、イラストを描く上でも基本の機能です。ツールボックスにあるアイコンから図形ツールを探して作成します。
長方形なら長方形ツールのアイコンを長押しすると、各種6つの図形ツールが出てきます。使えるツールは以下の通りです。

  • 長方形
  • 角丸長方形
  • 楕円形
  • 多角形
  • スター
  • フレア

始点から終点までをドラッグすると、図形が作れます。シフトキーを押しながらのドラッグで縦横のサイズも変えられるため、長方形から正方形、楕円形から円を作ることも可能です。

ベジェ曲線による美しいライン

ベジェ曲線は、アンカーポイントとセグメント、ハンドル(方向線)で構成される曲線です。
アンカーポイントからアンカーポイントまでをつなぐ「セグメント」と呼ばれる曲線の方向をハンドルで操作し、美しい曲線を描きます。

利用することが多いのは、ペンツールやダイレクト選択ツール、パスファインダーでしょう。
パスとは、3つの構成要素を合わせたもので、パスファインダーを使用すると、作った画や線を合体させたり分解させたりできます。

ベタ塗りとグラデーション

illustratorの機能では、綺麗なベタ塗りとグラデーションの表現もできます。ベタ塗りには「ブラシツール」などのドローイングツールがメインです。
また、フリーグラデーションを使用すると、直感的に滑らかで美しいグラデーションを作れます。フリーグラデーションモードには、ポイントモードとラインモードがあります。

マスクで画像の切り抜き

マスクは、画像の一部だけをくり抜く機能です。フリー画像の一部だけを使いたい時に使えます。
長方形などの図形ツールを使い、単純な形のトリミングすることもありますが、ペンツールを合わせて使えば、複雑な形の切り抜きも可能です。
必要のない背景を取り除いたり、必要なイラストだけをピックアップしたりできます。

文字を書く機能

文字を書く際には、文字ツールを使用します。単純に文字を入力するだけでなく、文字への装飾、形の調整などができるツールです。
文字列の縦横を変える、曲線などの上に文字列を乗せるなど、文書ソフトとは異なる柔軟な表現ができます。

また、ブレンドツールと組み合わせると、文字を3Dのように表示でき、画像のようにアレンジできます。

illustrator代わりに使える無料ドローソフト


illustratorの機能は非常に豊富で、幅広い使い方ができます。しかし、有料なのはハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。
そんな時に役立つillustratorと同じような機能を持つ無料ソフトを紹介します。
illustratorには手が出ないと感じる人は、ドローソフトとして機能を備えた無料ソフトを検討してみましょう。

イラレの代わりならInkscape

illustratorを使わない場合は、Inkscapeという無料ソフトがおすすめです。32bit 版や64bit版があるダウンロードソフトで、完全無料で使えます。
作業画面がillustratorと似ており、同じような使い勝手を目指す人にも満足感の高いソフトです。
illustratorの「PDF互換ファイルを作成」で作成保存されたai形式ファイルも使えます。

WindowsとMacで利用可能です。

DTPソフトとしても使えるLibreOffice Draw

LibreOffice Drawは、DTPソフトとしても使える図形描画ソフトです。
シェイプツールや直線、曲線ツールで作画できる他、テキストやフローチャートも組み込んで作成できます。
作成した画像は、PDF・png・jpeg・eps と汎用性の高い形式で保存可能です。

WindowsとMacで利用可能です。

インストール不要のAzPainter2

AzPainter2は、インストール不要、レジストリ不使用でもUSBメモリーで持ち運びできる軽量なソフトです。
ペイントソフトの一種で、小さいサイズのイラストやドット編集に使えます。
印刷物や本格的な画像作成には向きませんが、基本的な描画ツールは使えます。また、PSD・BMP・PNG・JPEG・GIFの形式の読み込みと保存が可能です。

対応OSはWindows 98/Me/2000/XP/Vista/7です。

直感的な操作が魅力のKrita

Kritaは、初心者からプロまで使える本格的なペイントツールです。直感的な操作で、コンセプトアートやテクスチャ・マットペイント、イラスト作成ができます。
「Photoshop」に機能と操作性が似ているソフトです。海外のソフトですが、日本語にも対応しています。

写真加工もできるCorel Painter Essentials

Corel Painter Essentialsは、写真加工もできるペイントソフトです。
CorelPainter Essentialsは有料版が基本ですが、illustratorと同じように無料体験版があり、お試し利用できます。
初心者にも使いやすいインターフェースと、チュートリアルやウェビナーなどの学習ツールも豊富です。

まとめ

illustratorは非常に優秀なドローソフトですが、無料では使い続けられません。
また、illustratorの無料版には7日間の期限があり、試してみたい場合には、その期間内で十分に機能を確認する必要があります。

短期間では使い足りないけれど有料のドローソフトまでは必要ないと感じたら、無料でも使えるソフトも検討してみましょう。
illustratorに劣らない無料ソフトや初心者向きのペイントソフトもあり、コストを抑えた画像作成が叶います。

創業手帳(冊子版)は起業家に役立つツールを始め、起業後に必要な情報を掲載しています。起業間もない時期のサポートにぜひお役立てください。

関連記事
起業するならこんな資格を持つと有利!起業に役立つオススメ資格7選+αを紹介
便利な画像加工ツール、canvaを使ってみた

(編集:創業手帳編集部)

創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ