コストは抑え、信用は確保する。バーチャルオフィスという選択

新しい時代の働き方「バーチャルオフィス」

(2019/01/07更新)

創業すると必要になるオフィス。ちょっと前なら、オフィスは借りるか、自宅をオフィス化するかのいずれかでした。しかし、働き方が多様化している現代では、いろいろな選択が可能。バーチャルオフィスも、そんな新しい時代の働き方に合ったひとつの選択です。

本文を読む

バーチャルオフィスとは

ワンストップビジネスセンター 大阪梅田店/会議室


バーチャルオフィスとは、事業を始める際、実際に入居することなく、住所や電話番号、FAX番号などをレンタルするオフィス形態のこと。銀行口座の開設や法人登記ができるのはもちろん、実際に業務するスペースはないため、リーズナブルに一等地の住所を借りられるのが魅力です。

創業の際に悩みの種となる、コスト削減の実現や信用の確保にもつながります。実務として固定オフィスを必要としない創業者や、もうひとつ住所が欲しい創業者などにおすすめです。

メリットとしては、大きく次の3点があげられます。

1.月額固定費などの費用コストが抑えられる

初期の敷金・礼金はもちろん、毎月の家賃や光熱費などのランニングコストが抑えられます。例えば毎月3万円の予算を削減すると、3年間で108万円(3万円×36カ月)もコストダウンできます。

2.信用度の高い住所で登記できる

会社の住所は企業の顔でもあります。特に起業間もない時期の「企業イメージ&ブランディング」は大切。法人登記、ホームページ、名刺などに都心一等地の住所が記載できるため信用度も増します。

3.自身の個人情報が守れて安心

創業の際、自宅住所で法人登記する創業者は少なくありませんが、デメリットもあります。バーチャルオフィスなら自宅の住所が公にならないため、プライベートが保たれます。

バーチャルオフィスの最大手・ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンター代表・土本さん

数あるバーチャルオフィスの中でも、豊富な実績を誇るのがワンストップビジネスセンター。

「お客さまがサービスや営業活動に集中し、事業を軌道に乗せることに集中いただけるようサポートいたします」と同社の代表・土本さんは話します。

同社では、起業に必要な法人住所登記、貸し会議室、無料の郵便転送(一部有料サービスもあり)、各地域の会員専用の電話番号、また電話秘書代行サービスなど、あらゆるサービスを提供。現在、北海道から福岡まで、全国各地にバーチャルオフィスネットワークを構築し、出張族やシステムエンジニア、経営コンサルタント、各種士業など幅広い業務の方々が利用しています。

創業からわずか8年で累計9,800社以上(2018年10月現在)の契約実績がある、業界最大手のバーチャルオフィスの最大手です。

ワンストップビジネスセンターの魅力

ワンストップビジネスセンターが豊富な実績を誇るには、理由があります。
その魅力をいくつかご紹介します。

1.一等地住所がリーズナブル

信用にもつながる会社住所。同社では青山本店(港区南青山)をはじめ、銀座店(中央区銀座)、横浜店(横浜市西区)、大阪心斎橋店(大阪市中央区)など、一等地の住所を4,800円~/月で利用できます。

2.豊富な会議室を用意

お客さまとの打ち合わせや商談の際に利用できる会議室も各拠点で完備。青山店では10室を用意(1時間1,000円~)。ノートパソコン、中型モニター、プロジェクター、無線LAN(無料WiFi)、ドリンク、スナックなど、無料の設備も充実しています。

3.起業応援パックサービスを展開

不況に負けず頑張る起業家を応援。20代社長、女性社長、シニア社長などを対象に、初期費用と1カ月間の基本料金が無料(ただしご契約は1年以上)になるサービスを展開しています。

4.弁護士・税理士・行政書士など、すべての士業をカバー

創業時や創業後に出てくる税制面や資金繰りの問題。そのような悩みごとについて相談できる、各分野のスペシャリストを紹介するサービスも実施しています。

ワンストップビジネスセンターご利用者さまインタビュー

お客さまが通いやすくてリーズナブルな会議室がとても便利

英語スクール オリエンテッド-JP経営
森田 恵惟さま

小中高生・社会人向けに英語スクールを経営しているため会議室を利用しています。お客さまが通いやすく便利であることが必須条件でした。私が契約した場所は地下鉄「青山一丁目駅」から徒歩1分とアクセスが良く、1時間1,000円とコストパフォーマンスに優れ、静かな環境とすべて希望通りでした。そんなバーチャルオフィスって、なかなかないんです。学習に最高の環境で、ニーズに合わせて授業ができています。

ランニングコストがかからず資金的に助かっています

絵本スクール StuDioえ・ほ・ん運営
株式会社ジョイントサポーターズ 代表取締役
齋藤 葉子さま

月に3回、年間30回ほど、絵本の学習や画材研究、美術史などについてゼミを行っています。当初は月極で事務所やスクール開催できる部屋を借りようと検討したのですが、家賃・光熱費などコスト的に大変で、女性が部屋を借りるというのも困難でした。ランニングコストなど資金的なことも重要なので、レンタル会議室を教室としてリーズナブルに利用できるという点も本当に助かっています。

札幌から福岡まで、充実の全27拠点!

京都店/会議室


青山本店/会議室

【東京都】青山本店(港区南青山)/田町店(港区芝)/表参道店(港区南青山)/六本木店(港区六本木)/虎ノ門店(港区虎ノ門) 麻布十番店(港区麻布十番)/品川店(港区高輪)/渋谷店(渋谷区桜丘町)/恵比寿店(渋谷区恵比寿) 二子玉川店(世田谷区玉川)/新宿店(新宿区新宿)/麹町店(千代田区二番町)/銀座店(中央区銀座)/日本橋店(中央区日本橋兜町)/秋葉原店(千代田区神田佐久間町)/池袋店(豊島区東池袋)/上野店(台東区上野)

【神奈川県】横浜店(横浜市西区)

【大阪府】大阪心斎橋店(大阪市中央区)/大阪南堀江店(大阪市西区)/大阪梅田店(大阪市北区)

【北海道】札幌店(札幌市中央区)

【福岡県】福岡天神店(福岡市中央区天神)/福岡博多店(福岡市博多区博多駅前)

【愛知県】名古屋店(名古屋市西区)

【京都府】京都店(京都市中京区)

【兵庫県】神戸店(神戸市中央区)

今だけ!キャンペーン実施中

今回この記事をご覧になって契約された方は、初期費用(9800円)が無料!

さらに、前述の起業応援パックを併用すると、さらにお得です。
20代社長、女性社長、シニア社長など、こちらのページに記載されている条件に当てはまる起業家の方は、初期費用に加え、1カ月間の基本料金+もう1カ月分の利用料金が無料になります!

お申込み・お問い合わせは、下記の電話番号またはホームページまでどうぞ!

TEL:03-4530-0370

お問い合わせの際は、「創業手帳を見た」とお伝えください。
(受付時間:月~金曜 10:00~17:30 定休日:土・日曜、祝日)

東京の格安バーチャルオフィス|ワンストップビジネスセンター
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号

詳しい資料を創業手帳がお届けします

創業手帳では、ワンストップビジネスセンターについての資料をお届けしています。
詳細は下のボタンからどうぞ!

(監修:株式会社MOOR(ムーア)
(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す