【埼玉県の事業者必見!】シニア活躍の場を広げる助成金「70歳雇用推進助成金」

創業手帳

気になる概要を解説します

(2018/07/23更新)

埼玉県は、シニアの働く場の拡大のため、定年の廃止、70歳以上への定年の引上げ(5歳以上)を新たに導入する企業等に対して助成金を支給する「70歳雇用推進助成金」の公募を7月17日から開始しました。

埼玉県に主たる事業所がある企業限定の助成金である「70歳雇用推進助成金」。
今回は、その概要について解説します。埼玉県の事業者はぜひチェックしてみてくださいね!

本文を読む

70歳雇用推進助成金とは

「70歳雇用推進助成金」とは、定年の廃止、70歳以上への定年の引上げ(5歳以上)を新たに導入する企業等に対して支給される助成金のことです。

埼玉県内に主たる事業所がある企業等が対象となるもので、シニアの活躍の場を広げていくことが趣旨となっています。

対象となる取り組みは2種類

「70歳雇用推進助成金」の対象となる取り組みは、次の1~2のいずれかの制度を新たに導入するものです。

1.定年制を廃止する
2.定年年齢を70歳以上へ引き上げる(ただし、定年年齢の引き上げが5歳以上であること)

シニアの活躍の場が増えたことを、制度として目に見えるようにする、ということですね。

対象となる企業・団体

次に、対象となる企業・団体についてです。次の1~4のすべてに該当する場合が対象となります。

1.埼玉県内に主たる事業所を有する企業等
2.常用雇用者が(※1)10人以上(少なくとも1人は60歳以上(※2))いる
3.申請日時点で、5年以内に定年年齢に達する正社員が1人以上いる
4.シニア活躍推進宣言企業の認定を受けている (※3)

埼玉県内に主たる事業所があることが条件です。埼玉県の事業者はチェックしてみてはいかがでしょうか?

※1
期間を定めずに雇用されている、もしくは1か月を超える期間を定めて雇用されており、いずれも申請日時点で1年以上雇用されていること。

※2
60歳以上雇用保険の被保険者で、定年年齢に達する前の正社員又は定年後の継続雇用者であること。

※3
申請日時点で、宣言企業として認定されていることが申請の要件です。申請日時点で認定を受けていない場合は、埼玉県産業労働部にお問い合わせください。

申請受付期間

平成30年7月17日(火曜日)~11月30日(金曜日)午後5時必着

申請順に審査が行われ、助成金を交付する企業を決定されます。

ちなみに、予算額の上限に達した場合は、期間中であっても募集を締め切ることがあるそうです。助成金を検討している方は早めに準備しましょう。

1社あたりの支給額

常用雇用者数 支給数
10~29人 50万円
30~49人 130万円
50~99人 180万円
100人以上 200万円

提出先・詳細はこちら

提出先は、埼玉県産業労働部です。下記の住所まで、持参又は郵送(書留やレターパックなど、配送の状況を追跡できる方法のもの)で受け付けています。

申請書類を持参する場合は、必ず事前に電話予約のうえ、埼玉県産業労働部に向かってください。

申請書類などの詳細は、埼玉県のホームページをご覧ください。

(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す