ホーム > 教えて先生!Q&A > 出資と融資の違いとは?
資金調達・会計

出資と融資の違いとは?

出資も融資も、資金調達の1つですが、違いは返済が必要か否か、出し手に何を返すか、にあります。

出資は、「返さなくてよい」お金で、出し手に対しては「株の値上がり益と配当」を返します。

融資は、「返さないといけない」お金で、出し手に対しては「金利」を返します。

また、出資は株を発行しなければならないため、経営権の部分的な譲歩を伴うといえます。そのため、経営権を保持したい場合は、融資にとどめ、出資を受けないという選択肢もあります。

一方、出資を受けると、投資元(親会社)は、投資先の株式価値の増大のために協力してくれることがあります。出資を受ける場合は、金銭的な条件だけでなく、シナジー効果(相乗効果)や協力が得られるかも、チェックすべき重要なポイントです。

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

創業手帳冊子版(無料)