ホーム > 教えて先生!Q&A > 補助金と助成金の違いとは?
資金調達・会計

補助金と助成金の違いとは?

補助金と助成金はともに国や各地方自治体から支給されるもので、どちらも将来、返済不要なお金です。補助金は条件をクリアし申請した場合でも予め予算が決まっている為、予算に到達している場合は受給出来ない事もあります。一方、助成金は条件をクリアし申請した場合、一般的には必ず受給が可能です。

どちらも、対象となるのは中小企業が主で、特に創業間もないベンチャー企業は申請数が多くなっています。具体的には新規会社設立・起業の際の補助金として、『ちいさな創業未来補助金』や非正規雇用の労働者の企業内での教育や育成でキャリアアップ等を促進する『キャリアアップ助成金』があります。

補助金助成金の制度目的は、企業の発展や成長により日本経済や地域経済の発展に繋がる事ですので、有効に活用するべきです。

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

創業手帳冊子版(無料)