注目のスタートアップ

監査法人向けAI証憑突合システム「ジーニアルAI」を提供する「ジーニアルテクノロジー」が6,000万円調達

company

2022年10月17日、株式会社ジーニアルテクノロジーは、総額約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ジーニアルテクノロジーは、監査法人向けAI証憑突合システム「ジーニアルAI」を提供しています。

注文書、納品書、請求書などの書類をAI-OCRによって読み取り、売上などのデータと自動的に突合せて検証するシステムです。

今後、現在リリースしているWebアプリに加え、Excelアドインの開発を進めていく計画です。さらに、一般企業向けには、定形データの入力・照合において、業務効率化を実現できるRPA用途のツールを開発・展開します。

監査とは、企業が公表している会計や経営の情報が正しいかを調査・確認し、利害関係者に対して報告することです。

たとえば、債権者・金融機関・投資家などの利害関係者は会計書類を閲覧できますが、その書類の妥当性を検証できるわけではありません。

そのため、利害関係者は必要に応じて監査法人などに依頼して監査を実施します。

実際の監査にあたっては、企業に保管されている膨大な量の紙の書類をチェックする必要があります。

この作業は大きな負担がかかっていることから、監査業務においてはテクノロジーを活用した効率化の取り組みが進んでいます。

紙の書類は、OCR(光学文字認識)によってテキストデータへと変換でき、その他のツールを利用することで情報の照合(突合)を自動化できます。

一方、従来のOCRは手書きの文字を高精度に認識することはできなかったため、紙の書類をデジタルデータにするにあたっては、手入力で一からやったほうが早いということもありました。

しかし、AIの進展によってOCRの精度は大幅に向上し、AI-OCRとして、さまざまな紙の書類の高精度なテキスト化・デジタル化が実現され、多くの業務が効率化されています。

株式会社ジーニアルテクノロジーのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ジーニアルテクノロジー 代表取締役 阿部川明優氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

主な目的はエンジニアの採用です。「ジーニアルAI」の開発を加速し、大手監査法人が所属するグローバル会計ネットワークへの導入を目指します。

・今後の展望を教えてください。

監査を包括的に支えるAIプロダクトを開発し提供します。上場会社の会計業務のAI化や自動化に伴い、監査もAI化していくことになります。この監査側のAIを提供することが目標です。

・読者へのメッセージをお願いします。

ジーニアルAIは中小企業でも導入いただきやすい競争力のある価格になっています。入力作業とチェック作業、両方の自動化への活用をぜひご検討ください。

また、このプロダクトを世界に浸透させる仲間を探しています。ご興味があれば、まずはカジュアル面談にてメンバーや会社方針などについてお話しさせてください。

デジタル化はあらゆる領域に及んでいます。しかしデジタル化・DX推進のためのシステム・ツールの導入・運用にはコストがかかるため、創業期は厳選して導入することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI OCR RPA ジーニアルAI ジーニアルテクノロジー システム 株式会社 検証 業務効率化 照合 監査 監査業務 監査法人 証憑突合 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

360度評価支援クラウド「スマレビfor 360°」など提供の「シーベース」が4.14億円調達
2022年9月28日、株式会社シーベースは、総額4億1,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シーベースは、360度フィードバック(多面評価)の支援に特化したクラウド型サーベイシステム「…
最終面接で不採用になった学生を他社に推薦するスカウト型サービス「ABABA」が6,000万円調達
2022年2月8日、株式会社ABABAは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 新卒対象スカウト型サービス「ABABA」を運営しています。 最終面接で不採用になった学生だけをスカ…
独自開発IoTデバイスを活用したOMOマーケティングなど展開の「アドインテ」が21.25億円調達
2020年6月8日、株式会社アドインテは、総額21億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発したIoT端末「AIBeacon」を活用したOMOマーケティングや、リテール・メディ…
都市型農園の社会実装を目指す「プランティオ」が1.5億円調達
2019年6月27日、プランティオ株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 野菜栽培用IoTプランターと、専用アプリを活用することで、SNSのようなコミュニティとエ…
「オンコール」が「一般財団法人 全日本労働福祉協会」と共同で「ネットワーク健診サービス」を開始
2022年8月15日、株式会社オンコールは、一般財団法人 全日本労働福祉協会と共同で、「ネットワーク健診サービス」の提供を開始することを発表しました。 「ネットワーク健診サービス」は、企業の従業員・家…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ