注目のスタートアップ

AI与信審査技術の開発やAI定性与信審査SaaSを展開する「H.I.F.」が6.6億円調達

company

2022年8月31日、H.I.F.株式会社は、総額6億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

H.I.F.は、AI与信審査技術の開発・提供や、法人版後払い(保証付)サービス「Fimple決済」、売掛金を保証する「Fimple保証」、AI定性与信審査SaaS「二十一式人工知能付自動与信審査回路」を展開しています。

「二十一式人工知能付自動与信審査回路」は、売掛金等の入金遅延・未回収リスクを審査するサービスです。

大手企業におけるベンチャー企業との取引時の安全性・与信評価や、ベンチャー企業・中小企業における大手企業との取引時の売掛金保証によるディール成約可能性向上など、さまざまなケースで活用できます。

財務情報が公開されていないベンチャー企業・個人については、Web・SNSなどの定性的な情報を集めて評価に活用しています。

与信審査は、新たな取引先を開拓するなどの際、取引の可否を判断する重要な業務です。

与信審査において誤った判断を下し、取引先が倒産してしまうと、会社に大きな損害が発生する可能性があるため、取引先のリスクを正確に判断する必要があります。

しかし、安全性の高い企業はすでに懇意にしている取引先を見つけていることが多いため、新たな取引先を開拓するには、多少リスクのある企業との取引を考えざるを得ません。

また、相手がベンチャー企業であれば、今後事業が大きく成長する可能性もあります。取引を続けていくことで、将来の大口の取引先となる可能性も秘めており、さらにイノベーションももたらしてくれるかもしれません。

そのため、与信審査においては、代金が回収できるかといったリスク面だけでなく、成長可能性なども考慮することが必要です。

一方で、ベンチャー企業は財務情報などは公開されていないことも多く、さらに業歴も浅いため、判断のための情報が充分に集まらないこともあるでしょう。

H.I.F.は、こうした与信審査をAIによって行う技術の開発・提供と、この技術を活用したサービスを提供し、さまざまな企業の新規取引先の開拓や、取引先の定期モニタリングなどを支援しています。

創業期はいかにして販路を開拓するかが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路開拓や新規取引先を見つけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI与信審査技術 AI定性与信審査SaaS Fimple決済 SaaS ベンチャー企業 リスク 与信 与信審査 中小企業 二十一式人工知能付自動与信審査回路 売掛金 大手企業 定性 審査 技術 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウドサービス導入時のセキュリティチェック業務を支援する「Conoris」提供の「ミツカル」が2,400万円調達
2022年3月2日、株式会社ミツカルは、2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Conoris(コノリス)」のβ版の提供を開始したことも併せて発表しました。 「Conoris」…
「ライナフ」が遠隔からスマート・ロック/エントランスを操作・管理できる「スマートブッキング」をリニューアル
2020年5月15日、株式会社ライナフは、「スマートブッキング」をリニューアルして提供開始したことを発表しました。 「スマートブッキング」は、遠隔からスマート・ロックやスマート・エントランスを操作・管…
脳卒中リハビリロボットなど医療機器を開発する「東北医工」が資金調達
2022年6月17日、株式会社東北医工は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、「岩手新事業創造ファンド2号」と「もりおかSDGsファンド」です。 東北医工は、関連会社である株式会社ピーア…
ホーム・オートメーション・サービス展開の「Connected Design」が4億円調達
Connected Design株式会社は、4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 東急電鉄のジョイント・ベンチャーとして、ホーム・オートメーションなど、個人向けIoTサービス用ハードウェア・…
ITエンジニア向け見積もり作成効率化SaaS提供の「Engineerforce」が3,500万円調達
2021年10月20日、株式会社Engineerforceは、総額3,5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ITエンジニアの見積もり作成を効率化するSaaS「Engineerforce…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ