「ネクイノ」が資金調達 「ENEOS」と次世代ヘルスケアサービス「スマートライフボックス」を共同開発

company

2021年9月15日、株式会社ネクイノは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、ENEOSホールディングス株式会社です。また、ENEOSとは協業し、共同開発した次世代ヘルスケアサービス「スマートライフボックス」の実証実験を開始したこともあわせて発表しました。

「スマートライフボックス」は、ららぽーと柏の葉(千葉県柏市)にリニューアルオープンした「まちの健康研究所「あ・し・た」」内に設置した無人ブースです。

無人ブースでは、設置された検査機器によりバイタルデータを測定し、医療専門家とのオンライン健康相談サービスを無料で提供します。

健康課題に応じて、地域の医療機関への適切な受診についてアドバイスを行います。

ネクイノは、婦人科領域のオンライン診察プラットフォーム「スマルナ」を運営しています。

アプリから24時間問診を受けることができ、自分に合ったピルを提案・処方してもらえるサービスです。

2018年4月の診療報酬の改定や、「オンライン診療の適切な実施に関する指針」が公表されたことにより、日本でもオンライン診療・診察が普及する足がかりが生まれました。

オンライン診察は、忙しくて病院に行けない人や、僻地に住む人、移動が困難な高齢者にとって高いニーズがあります。

しかし多くの場合、チャット・ビデオ通話などによる問診のみとなってしまうので、できることが限られているという課題があります。

ウェアラブルデバイスの普及・高性能化によりできる幅は広がっていくと考えられますが、それはまだ先のことでしょう。

「スマートライフボックス」は、無人ブース内に検査機器を用意しているため、通常のチャットやビデオ通話のみのオンライン診察よりも、より多くの診察を行うことができます。

ネクイノがこの実証実験の結果を鑑みて、どのような方向に進んでいくのか注目が必要でしょう。

実証実験は、革新的なサービスの開発・提供のために重要な要素のひとつです。しかし協力してくれる自治体や企業がなければ実施することは難しいでしょう。「冊子版創業手帳」では、協業できる会社を見つけるための一歩として、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ENEOS オンライン診察 スマートライフボックス スマルナ ネクイノ 医療 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ショッピングSNS「PARTE」運営の「REGALI」が資金調達
2020年3月16日、株式会社REGALIは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Kastane」「Discoat」などを運営する株式会社パルなど、複数のアパレル・ブランドとの連携を開始し…
スニーカー・アパレル売買プラットフォーム運営の「モノカブ」が4.5億円調達
2020年12月15日、株式会社モノカブは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スニーカー・アパレルの売買プラットフォーム「モノカブ」を運営しています。 偽物の流入を排除す…
波力発電の実現に取り組む「音力発電」が1.25億円調達
2021年9月17日、株式会社音力発電は、総額1億2,580万円の資金調達を実施したことを発表しました。 海の波を利用して発電する仕組みである波力発電の実現に取り組んでいます。 海上への設置が簡単で耐…
中高生向けタブレット教材提供の「atama plus」が15億円調達
2019年5月13日、atama plus株式会社は、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを活用した中高生向けのタブレット型教材「atama+」を開発・提供しています。 AIを…
アパレル製造業向け生産管理クラウド・サービス運営の「patternstorage」が資金調達 β版も併せてリリース
2020年10月1日、patternstorage株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「patternstorage」のβ版をリリースしたことも発表しました。 「patterns…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ