AIによる細胞の高速解析・処理技術開発の「CYBO」が6,000万円調達

2021年3月1日、株式会社CYBOは、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

多様な細胞集団から特定の細胞を分離するインテリジェント画像活性セルソーターを基盤技術として、リキッドバイオプシーや出生前診断、治療用の細胞加工などのサービスの提供を目指して研究開発に取り組んでいます。

今回の資金調達により、まずは、公益財団法人がん研究会 有明病院と取り組んでいる精度の高い子宮頸がん検診の実現を目指した共同研究と、オンコリスバイオファーマ株式会社と取り組んでいる血中循環がん細胞(Circulating tumor cell: CTC)検査の実用化を推進してます。

遺伝子分析は近年飛躍的に解析コストが下がっており、活用が進んでいます。

細胞単位での遺伝子分析が実施できれば、たとえば身体への負担が少ない低侵襲性の液性検体(血漿や尿など)を利用して検査を行うリキッドバイオプシーにより、がん診断を行えるようになります。

尿からがんの早期診断ができるようになれば、多くの病院で診断できるようになるだけでなく、検査時間の短縮や、身体への負担が少なくなるなど、様々なメリットがあります。

医療などの社会課題を解決する社会課題解決型ビジネスは、すぐに結果がでるものではなく、ビジネスとして成り立たせるために大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

の創業手帳ニュース

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ