「Capex」が1億円調達 ライフ・パートナー・アプリ「PATONA」をリリース

company

2020年12月24日、株式会社Capexは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、ライフ・パートナー・アプリ「PATONA(パトナ)」をリリースしたことも併せて発表しました。

「PATONA」は、ヒトに寄り添うライフ・パートナーAIを提供するアプリです。表示されるアバターに話せば話すほど使用者のことを学び、最適な存在となっていきます。

アバターの着せ替え機能や、メンタル・ヘルスや日常生活に役立つオリジナル・コンテンツも提供します。

AI技術の進化により、聞かれたことに答えるだけのAIだけでなく、きちんとコミュニケーションが行えるAIを実装できるようになってきています。

コミュニケーションAIは、ロボット・セラピーや、店舗での接客、生活のサポートなど、様々な領域での活用が見込まれています。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレス・チェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Capex PATONA アバター アプリ コミュニケーション メンタル・ヘルス リリース 会話 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コンビニで自分の名刺が印刷できる「マイ名刺」がリリース
2019年10月11日、株式会社サムライソードは、「マイ名刺」のサービスの提供を10月11日から開始することを発表しました。 「マイ名刺」は、自分の名刺を登録しておけば、必要な時に、コンビニですぐに名…
生理用品ブランド「Nagi」展開の「BLAST」が資金調達
2020年6月5日、株式会社BLSATは、資金調達を実施したことを発表しました。 生理期間中に1枚でも使用できる吸水ショーツ「Nagi」を展開しています。 洗うことでくり返し使用することができます。形…
「エムスリー」と「ディープコア」が医療系AI分野の事業化支援プログラムを開始
エムスリー株式会社と、株式会社ディープコアは、医療系AI分野における産業育成を支援するプログラムを発表しました。 臨床でのAI活用を促進するため、医師とAI技術者をマッチングするイベントを共同で開催し…
スリーシェイクがデータ分析プラットフォーム・サービス「Reckoner」をリリース
株式会社スリーシェイクは、「Reckoner(レコナー)」の提供を開始したことを発表しました。 「Reckoner」は、データの収集から加工・分析、外部サービス連携までを一気通貫で実現できるdPaaS…
「メルカリ」がマザーズ上場初日で時価総額トップに
平成30年6月19日、株式会社メルカリは、東京証券取引所マザーズ市場に上場し、会見を開催しました。 上場初日、株式市場はそのメルカリを1株あたり5300円と評価しました。時価総額は約7172億円で、マ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ