企業理念で社員に正しいゴールと道筋を示そう

創業手帳

起業家のための企業理念入門②:なぜ企業理念を定める必要があるのか(後編)

企業理念

企業理念を定めることの必要性の話をもう少し続けたい。

本文を読む

前回は、社員に働くことの意義を教え、モチベーションを引き出すことが企業理念の狙いであることを説明した。

【関連記事】起業したら会社成長のために企業理念を定めよう|起業家のための企業理念入門①:なぜ企業理念を定める必要があるのか(前編)

企業理念も経営理念もビジョンも「羅針盤」である

今回は、企業理念は社員の進むべき方向性を与える羅針盤でもあるということを説明したい。経営理念やビジョンと呼ばれるものを定めている会社もあるが、企業理念と同じ羅針盤の考えである。

羅針盤とは、説明するまでもなく、船舶が大海原の中で迷子にならないよう、進むべき方向を示す機器であるが、同様に企業活動においても、会社がどこに向かっているかが分からなければ、社員は働いているうちに迷子になってしまう。

そうならないよう、企業理念で「この会社は何を目指しているのか」ということを明確に指し示し、社員がそこへ向かって一直線に働けるようにしてあげることが必要なのである。また、それは会社としても社員の力を最大限に引き出すことにつながる。

企業理念を「ベクトル」でイメージする

高校の数学や物理で習った「ベクトル」を思い出してほしい。もっと簡単に言うと矢印だ。

ベクトルは、矢印を用いて「力」を表わすという概念で、矢印の長さで「力の大きさ」を、矢印の方向で「力の向き」を表現する。

ここでは、矢印の長さを「社員の能力」矢印の方向を「社員の能力の発揮の仕方」というように置き換えて想像してみてほしい。企業理念があった場合となかった場合を比較すると、次の図のようになる。

corporatephilosophy2-fig02

左のように、企業理念があることによって、社員の力の向きが揃っていることが、最も会社としてのアウトプットが大きくなる状態なのである。逆に、右のように企業理念がないと、社員の力の向きが揃わず、いくら個々の社員ががんばっても、社員同士が力を打ち消しあって非効率が生じてしまうのである。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す