日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫とは、日本公庫と呼ばれる事がある組織であり、平成20年に発足した政府100%出資の金融組織である。また、総裁は細川興一氏である。

日本公庫の存在目的は、国民生活の安定や向上に寄与する為と民間金融機関の補完であり、民間金融機関よりも審査基準が低く設定されている。

主な業務内容としては、国民生活事業・農林水産事業・中小企業事業の3本の柱となっており、融資や教育ローン等、幅広い対応している。

政府管掌の機関ではあるが、一般の民間企業と同様に新卒採用を実施する等、民間企業のような社風や組織体制を作っている。理由としてはコーポレートガバナンスを徹底する為のようである。

このように、日本公庫は消費者に近い立場で使い勝手の良い機関である。

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「日本政策金融公庫」に関連する記事一覧

「自営と勤務をボーダーレスに行き来する人々」が、起業の裾野を広げる【桑本氏連載その5】

起業を知り抜く公庫総研主任研究員、桑本香梨氏が解説「起業のハードルは、どうすれば下がるか?」 日本政策金融公庫総合研究所では、1991年度から「新規開業実態調査...続きを読む

「小さな起業」その1、パートタイム起業家に迫る!【桑本氏連載その3】

起業を知り抜く公庫総研主任研究員、桑本香梨氏が解説「起業のハードルは、どうすれば下がるか?」 日本政策金融公庫総合研究所では、1991年度から毎年行っている「新...続きを読む

【経営者必見!】いま使える新型コロナ支援制度をまとめました~活用例もご紹介

コロナの影響を受ける経営者に役立つ「支援制度」をご紹介します この記事では、苦境に追い込まれている経営者のみなさんに役立つ「支援制度」をご紹介します。 2020...続きを読む

融資のスピード感、事例の蓄積…。手厚いサポートの日本政策金融公庫は創業の強い味方【桑本氏連載その2】

起業を知り抜く公庫総研主任研究員、桑本香梨氏が解説「起業のハードルは、どうすれば下がるか?」 公的金融機関の代表格であり、小規模事業の創業者にとって相談から融資...続きを読む

世界50ヵ国中47位の起業意識。海外に比べ、日本で起業が少ないワケとは【桑本氏連載その1】

起業を知り抜く公庫総研主任研究員、桑本香梨氏が解説「起業のハードルは、どうすれば下がるか?」 (2020/9/30更新) 日本政策金融公庫総合研究所では、199...続きを読む

freee創業融資を利用して資金調達の成功率を高めよう

希望額の資金調達はfreee創業融資を利用して成功しました 創業期はなにかとお金が必要。創業期の経営者の悩み事を聞くと、資金調達と答える方が多いです。しかし、資...続きを読む

SPONSORED

日本政策金融公庫関連の創業手帳ニュース

日本政策金融公庫関連のQ&A

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ