中小機構とは

中小機構とは、経済産業省が所管しており、独立行政法人中小企業基盤整備機構の略称である。主な役割として小企業の抜本的な施策を提案解決し支援する事である。中小機構は全国に9か所あり、全国的に幅広くサポートする事が可能な体制となっている。

また、サポート体制は充実しており、対面でのサポートの他、電話やインターネット上でも問い合わせが可能となっており、ユーザーからの評価も高い。特にインターネットでは、自身の企業の財務状況を入力する事で、経営状況を診断する機能も整えており、この診断機能は無料で誰でも登録する事が可能となっている。

その他、専門家の派遣やビジネスマッチング等のサービスもあり、日本の経済を支える中小企業にはセカンドオピニオンとして心強い機関である。

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「中小機構」に関連する記事一覧

小規模企業共済等掛金控除とは?税制上のメリットが大きいこの所得控除を徹底解説!

起業家・個人事業主は注目!所得控除のひとつ、小規模企業共済等掛金控除を活用して税制メリットを受けよう! 小規模企業共済等掛金控除は、所得税や住民税などの税金を減...続きを読む

SPONSORED

小規模企業共済とは?危ない?加入資格から解約方法、メリット・デメリットまで解説!

起業家・個人事業主必見!知らなきゃ損する小規模企業共済制度 「小規模企業共済」は個人事業主や小規模な法人の役員などが退職や事業の廃止などによって解約した場合、そ...続きを読む

中小企業倒産防止共済とは。掛金や解約時の注意点などを解説します

起業家・経営者は知らなきゃ損!中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)の概要とメリット・デメリットまとめ 「中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)」は、取...続きを読む

中小機構関連の創業手帳ニュース

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ