シェアオフィスで恋して・・・起業して初めてのシェアオフィス選び

創業手帳

ポイントは2「低」1「高」!上手くいくシェアオフィスでの起業生活

【保存版】株式会社設立の「全手順」と流れをどこよりも詳しく解説!
office furniture
シェアオフィスで起業家達と夢のような起業生活を送りたい!

本文を読む

新たなワークスタイルの一つとして完全に定着した感のあるシェアオフィス。最近では「費用を負担すれば誰でも“入れる”シェアオフィス」も増加しており、資金力に限界のあるベンチャー企業の起業の場として選ばれることも多くなった。

今回は、起業の場としてシェアオフィスに焦点をあて、よいシェアオフィスの条件や、シェアオフィスでうまく共同生活するためのポイントや注意点を紹介しよう。

【関連記事】起業して初めてのオフィス選び10のポイント ‐賃貸オフィス編のまとめ(前編)‐
【関連記事】起業して初めてのオフィス選び10のポイント ‐賃貸オフィス編のまとめ(後編)‐

あなたをもっと知りたい!シェアオフィスとは?

「シェアオフィスが好きなんです。起業するならシェアオフィスで!」

シェアオフィスへの愛を語って恥じないような起業家でも、シェアオフィス、レンタルオフィス、コワーキングスペース。。。よく似た名前のオフィス形態の違いを知らない人も多いのではないだろうか?

シェアオフィスは、一つのオフィスに複数の企業や個人事業主が同居するオフィススタイルだ。それぞれの企業や個人事業主は一定のスペースを専有でき、専有スペースの広さはデスクひとつ分ほどが一般的である。

スペースをレンタルしてレンタル料を払ったり、施設利用料を払うようなスタイルではなく、あくまで賃貸したスペースの家賃を、複数企業や個人事業主で分担するという形式だ。

しかし、最近ではブースで仕切られていたり、逆に専有スペースを設けないフリースペース型なども見られるようになってきた。また、広く同居企業(同居人)や利用者を募集し、料金を支払えばだれでも使用できるという施設も増えてきている。

「人生いろいろ、オフィスもいろいろ」である。

こうしたスタイルは厳密にいえばレンタルオフィスやコワーキングスペースに分類するべきなのだろうが、浸透度もあってかシェアオフィスを名乗る施設は依然として多いようだ。

先立つものは「相性」よりも「お金」です!開業資金を低く抑えられるのが最大メリット

先立つものは「相性」よりも「お金」です!同居する企業や個人事業主との相性は大事だが、創業時には現ナマ(キャッシュ)も大事である。

シェアオフィスの原点は、気心の知れた仲間同士が家賃をだしあってオフィスを借りる「同居」だ。したがって、シェアオフィスの最も大きなメリットとして、家賃を含めた開業資金が「」く抑えられる点が挙げられる。

シェアオフィスを選ぶ際には、開業資金を低く抑えられるような契約が可能かどうか?また、そもそも同居する気心の知れた起業家仲間を見つけることがポイントになる。

シェアオフィスは起業家というオトナ達の社交場

シェアオフィスは起業家というオトナ達の社交場シェアオフィスで働くメリットの一つに、同居者とのコミュニケーションの垣根が「」いというポイントが挙げられる。

円滑なコミュニケーションの中から優れたビジネスアイディアが生まれることも多い、というのは周知の事実だ。複数の企業が参画するプロジェクトでは、そのためにオフィスを借りる場合もあり、その有効性は実証済みといっていい。

ノマドワーキングという概念が定着した今日では、特定のオフィスに定着せずシェアオフィスを「渡り歩く」個人事業主も珍しくない。創業直後の起業家や個人事業主はときに孤独になりがちだ。シェアオフィスは、そんな彼らがつくるコミュニティの社交場としても機能している。

互いに切磋琢磨できるベンチャー起業家や個人事業主達が、コミュニティに居るかどうか?また、そのコミュニティの雰囲気が良好かどうか?なども、シェアオフィスを選ぶ時のポイントである。

遊びだったのね!と言われないように、シェアオフィスを利用するなら責任と覚悟を持とう!

仲間同士で借りるシェアオフィスは、誰でもできる、誰でも入れるというものではない。一緒にオフィスを借りる仲間がいるからといっても、実際にオフィスを借りるとなればクリアしなければならない多くの課題がある。

初期投資になる開業資金が低くなること、同居人とコミュニケーションの垣根が低いという、2つの「低」によるメリットがあったが、いざ、利用するとなると、それなりに「」い責任感と覚悟が必要になるのだ。

良好な関係は割り勘から!費用負担を分担する

その一方で、シェアオフィスでは割り振られた費用を負担しなければならないという責任が生じる。よって、知らぬ者同士がオフィスを共同で借りることはまず考えられない。

まず、シェアした企業(個人事業主)が決めるべき点は家賃や光熱費、保証金などの案分。2社なら2分の1づつ、3社なら3分の1づつが妥当だが、例えば作業スペースが必要だったり、電気機器の使用が多かったりという同居者がいる場合、均等ではかえって不公平になる。複合機などを導入する場合は、その使用頻度も違うだろう。

それでもやっぱり「お金」より「愛」!

それでもやっぱり「お金」より「愛」!「金の切れ目が縁の切れ目」などと言うように、お金の話を率直に話すのは、結構体力がいることである。こういうお金の話を率直にしても気まずくならないような、気持ちのよい起業家・個人事業主仲間の存在は必須だと言える。

先ほどは、先立つものはお金だ!と言ってしまったが、実はお金より何よりも必要なのはシェアオフィスで同居する仲間(企業)への愛である。お金の話をしたときに気まずくなるようば関係なら、一緒にオフィスを借りても結局上手くいかなくなるだろう。愛(信頼)があって、初めてお金の話もやりやすくなるのだ。

最近では、SNSなどで同居企業(同居人)を募る場合もあるが、お互いの信頼関係なくして成り立たないことに変わりはない。

あなたの名義で借りる?事故ったときはあなたの責任ですけど

また実際に賃貸オフィスを借りる際は、誰を賃借人にするか(誰の名義で借りるか)も重要だ。賃貸物件は、法的には賃借人(=入居者)と賃貸人(=オーナー)との契約になるため、仮に同居人が起こした事故であっても一次的な責任は賃借人が負うことになる。

同居を認めないビルも少なくないので、万が一の際の対応方法も含めて事前にしっかりと話し合っておこう。

すれ違いが別れの原因にならないように。。。

すれ違いが別れの原因にならないように細かくいえば、貴重品の管理や戸締り、清掃などのルール、来客時の対応や非常時の備えなど、取り決めておくべき項目は膨大な量になる。

気心の知れた者同士、その都度決めていけば良いと考えられるかもしれないが、互いにビジネスの場として利用している以上は最低限の規則を作っておくべきだろう。

その上で、規則にない事柄については互いに誠意をもって解決する。オフィスの居心地は業務効率にも影響するし、楽しんで仕事をしたいのは誰もが望むことだろう。

上手くいけばこんなに楽しい職場はない

同居人とは分担して家賃を低く抑え、仲良く仕事を楽しむ。一方で、最低限のルールや、費用分担などお金の話はキッチリ決めて、引き締めるべきところは引き締める。これが、シェアオフィスで楽しく起業生活を送るコツだろう。

愛にあふれたシェアオフィスで、起業というアバンチュールを楽しもう!

【保存版】株式会社設立の「全手順」と流れをどこよりも詳しく解説!

(監修:オフィス経営コンサルタント 久保純一
(編集:創業手帳編集部)

eshareoffice_sidebanner sogyotecho-get-banner2_299_80

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す