おもちゃ屋・玩具店の開業手帳

    玩具店は大型専門店や家電量販店の台頭、また玩具自体の市場規模の縮小などもあり、経営環境は厳しくなってきています。

    玩具店での取り扱い商品の種類も多く、またそれらの商品は流行や季節変動などの影響も受けています。
    そのため商品を計画的に調整しないと、デッドストックや過剰在庫の原因になります。
    過去の事例では在庫過剰が原因の黒字倒産も多くなっています。

    例えばおもちゃの貸し出しサービスなどを行って、親子で参加できるようなイベントを企画するのもいいでしょう。
    独特の営業戦略によって実際に固定客の確保に成功している店舗も多くなっています。

    最近は知育用の玩具、また目が不自由な子供用の点字カタログ、そして介護専用のリハビリ玩具など、新しい商品も出てきています。
    その中で、バーチャルペットといった癒し系の玩具の評判がよくなっています。

1.開業する際に必要となる手続きについて

玩具店の開業は特に資格なども必要なく、自由に開業できますまた通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署に開業申請を、法人の場合は必要に応じ健康保険や厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワークへ、また労災保険関係は労働基準監督署、そして税金関連は所轄の税務署、税務事務所に申請してください。

しかし事故も起こりやすい発火性が高くなったスプーレーや接着剤、そして花火などを取扱うときは、必要に応じて所轄の消防署への届出が必要になってきます。

2.開業する際注意点、準備について

玩具について乳幼児はもちろん、普通の顧客が取扱っても安全が保証されるSTマークがついていますので、マークに対しての知識も必要になります。
また可燃性の取扱いは注意して取扱ってください。売り手側にも責任もありますので、危険性の高い玩具については顧客にきちんとアドバイスしてください。
また電子玩具は回収再利用できる商品、さらに電池などは産業廃棄物処理による規制対象商品になりますので、知識を身につけておく必要があります。

さらに玩具によっては商品の不具合やアクシデントなどによって、お店側が顧客に対して損害賠償責任を負わされるケースも出てきます。
そういったアクシデントについての保険制度もありますので活用してみてください。

最近の玩具は多様化してきており、利用者の年齢層も幅広くなってきています。
そのためターゲット層を明確にしておき、内容の濃い商品を提供するようにしてください。
そのためには商品の内容をよく考慮し、売れる商品を選ぶ必要があります。

商品の陳列については、通常は入口近辺に流行商品や季節商品、また重点商品を置き、顧客の興味をそそるようにすべきでしょう。
また奥の部分には高級商品や対面販売が可能に商品を置き、中央部分については普通の商品をバランス良く配置するのが望ましいでしょう。
繁華街や商店街に位置している玩具店は、入口付近の演出によって販売力にも差が出てきますので研究の必要もあります。

玩具店経営があまりない経営者がよく起こすことが過剰在庫の問題です。
そのため流行商品や季節変動の激しい玩具については、見切りの時期も大切です。
見切りをつけたらすぐに次の売れ筋商品の仕入対策を行うことも大切です。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日(任意)

ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

小売店に関するお店ごとの開業手帳