ディスカウントストアの開業手帳

  • ディスカウントストアは日用品や食料品、また衣料品や家電製品といった低価格商品を提供しているお店です。
    最近は消費者の低価格志向の影響や大手総合スーパーの新規参入もあり注目が集まっています。

1.開業する際に必要となる手続きについて

ディスカウントストアでの低価格販売には大量仕入がかかせません。
またたくさんの在庫を保有することもあり、店舗にはスペースも必要です。
そして店舗面積が1,000㎡を超える時は、大規模小売店舗立地法により都道府県などの届出が必要です。

さらに中古品売買を行う時は、古物商の免許を申請してください。その場合所轄の都道府県公安委員会で許可を得ます。

2.開業する際の注意点、準備について

ディスカウントストアは一般的に現金仕入、現金販売、また大量仕入により低価格販売を行っていましたが、最近は独自の流通ルートを確保したり、またメーカーと商品共同開発をしたりする所も多くなっています。
さらに大手総合スーパーの新規参入により競争も激化しているので、取扱商品を限定して他社との差別化を図るお店も多くなっています。

テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機と言った家電4品目については、家電リサイクル法の適用があります。
そのため家電を取り扱う時は、引き取り対応ができるような対策を講じる必要があります。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

小売店に関するお店ごとの開業手帳

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ