注目のスタートアップ

心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器「超聴診器」の研究開発を行う「AMI」が9.1億円調達

company

2023年6月6日、AMI株式会社は、総額9億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

AMIは、心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器「超聴診器」の研究開発を通して、聴診DXに取り組む九州初の研究開発型スタートアップです。

心臓聴診において、環境に左右されず、精緻かつ素早く医師の診断をアシストする情報を提供する聴診器の開発や、遠隔聴診に対応したビデオチャットシステムの開発などに取り組んでいます。

2022年10月12日には、心音と心電を同時取得できる小型デバイス「心音図検査装置AMI-SSS01シリーズ」の薬事承認を取得しています。

今回の資金は、「心音図検査装置AMI-SSS01シリーズ」の販売拡大や、心疾患診断アシスト機能の薬事承認取得、心疾患の早期発見と重症化予防に寄与するデジタルバイオマーカーの実現と臨床応用に向けた研究開発の推進に充当します。


日本において心疾患は、がんに次ぐ死亡原因第2位の病気で、1年間におよそ20万人がこの心疾患によって亡くなっています。

心疾患は高齢化に伴って患者が増加しており、早期発見を実現する仕組みや、革新的な治療法などの需要が高まっています。

心疾患の兆候を捉えるには、心臓の音を聴診器によって聞いたり、心臓超音波装置(エコー検査)によって心臓の動きなどを把握したりすることが必要となります。

エコー検査はさまざまな兆候を捉えることが可能ですが、一方でその装置は持ち運べる大きさではなく、備えつけている医療機関でしか検査できないという課題があります。

心疾患は突然死を招く急性のものも多く、その兆候を捉えられるような日常的な検査手法が求められています。

歴史のある手法である聴診器による聴診は、手軽であり、心疾患の兆候以外にもさまざまな疾患を捉えることができるというメリットがあります。

しかし近年はエコー検査などが普及したことや、聴診は医師のスキル・経験によってそのクオリティが大きく左右されてしまうことなどの理由により、聴診を行う医師が減少しています。

AMIは、テクノロジーによって聴診器による診察をサポートすることで、より多くの医療機関で心疾患の早期発見を実現することを目指しています。

技術開発には多くの資金が必要となるため、資金調達に関するノウハウを知っておくことが重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AMI アシスト 医療 医療機器 心疾患 心臓 株式会社 研究開発 聴診器 診断 資金調達 超聴診器 遠隔医療 遠隔聴診
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不整地における作業負担軽減や効率化に取り組むハードウェアスタートアップの「CuboRex」が7,500万円調達
2021年11月4日、株式会社CuboRexは、総額約7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ねこ車電動化キット「E-cat kit」や、電動クローラーユニット「CuGo」を開発・提供…
リモートワーク環境整備プラットフォーム「リモートHQ」提供の「HQ」が7億円調達
2022年11月16日、株式会社HQは、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 HQは、社員ごとに最適なリモートワーク環境の整備をアウトソースできる福利厚生サービス「リモートHQ」を提供…
EV充電インフラ「Terra Charge」などを展開する「Terra Motors」が資金調達
2023年11月15日、Terra Motors株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Terra Motorsは、電気自動車(EV)向けの充電サービス「Terra Charge」や、アジ…
産業繊維資材の受発注プラットフォーム「ビニプロ.com」展開の「チームライク」が「ウェーブロックホールディングス」と資本業務提携
2022年9月1日、株式会社チームライクは、ウェーブロックホールディングス株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チームライクは、産業繊維・素材の受発注プラットフォーム「ビニプロ.…
中小製造業の自動化設備を設計・販売する「Robofull」が1.5億円調達
2022年10月3日、株式会社Robofullは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Robofullは、中小製造業の人手不足解消を目的に、データを活用した工場向けの自動…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】