注目のスタートアップ

レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」を運営する「エブリー」が24億円調達

company

2022年8月8日、株式会社エブリーは、総額24億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、加藤産業株式会社と旭食品株式会社です。

レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」や、ファミリー向け動画メディア「MAMADAYS」、ビジネスパーソン向け動画メディア「TIMELINE」を運営しています。

「DELISH KITCHEN」は、2015年から開始しているレシピ動画メディアです。

プロが監修する5万本以上のレシピを、3,000万人以上のユーザーへと届けています。

2018年からは食品スーパー向けにレシピ動画を配信できる店頭サイネージの提供を開始しています。2022年8月現在、1,800店舗以上、設置台数5,500台以上となっています。

今後、リテールメディアとして店頭サイネージのさらなる拡大と店外での接点を創出する小売アプリの開発・導入を推進していきます。

店頭サイネージでは、AIカメラやビーコンと連携して店内の行動データを取得し、実際の視聴者層や視聴維持率などをもとに売上拡大に向けた改善の提案を行います。

小売アプリでは、「DELISH KITCHEN」のアセットを最大限に活かしながら、ネットスーパー、Webチラシ、クーポン、ID連携を基本機能として備えたオープンプラットフォームによるサービスの提供を行います。

実店舗ビジネスでは、ECの拡大やコト消費への転換などにより、以前までの販売手法を続けていては業績が伸びないという状況が課題となっています。

さらにコロナ禍によってEC利用が増え、生鮮食材を取り扱うスーパーマーケットにおいてもネットスーパーなどの利用が拡大しています。

そのため、実店舗に訪れた顧客の購買欲を掻き立てたり、オンラインのユーザーを実店舗へ誘導したりするような取り組みが必要です。

そこで注目されている施策のひとつにリテールメディアがあります。

リテールメディアとは、小売業者が持つ会員基盤を活用し、消費者の購買データや行動データを広告配信に利用するビジネスモデルのことです。

リテールメディアでは、店頭・フロアでの行動データ、ECサイトやアプリから得られるデータなどさまざまな顧客データを統合することで、顧客への最適な広告の配信を実現します。これにより小売業者は広告配信という新たな収益を得ることができます。

このリテールメディアが必要とされているのは、小売業が新たな収益源を求めているという理由だけでなく、Webの世界では顧客ごとに最適な広告配信を実現するために必要だったサードパーティCookieという技術がプライバシー保護の観点から世界的に規制の流れとなっており、新たな手法が求められていることが理由です。

エブリーは、このリテールメディアの領域において、店頭サイネージを活用したサービスを展開しています。

広告収入という新たな収益の創出だけでなく、店頭サイネージによる広告やレシピの配信などにより売上の最大化を実現することを目指しています。

消費者の購買行動の変化やプライバシーの問題などにより、オンライン・オフライン共にPR・マーケティング手法の大きな変革が必要となっています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも低コストで実施できるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DELISH KITCHEN エブリー スーパー スーパーマーケット メディア リテールメディア レシピ 動画 小売 小売業 広告 店頭サイネージ 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Yondemy」が資金調達 子供向け完全オンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」を正式リリース
2020年12月23日、株式会社Yondemyは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「ヨンデミーオンライン」を正式リリースしたことも併せて発表しました。 「ヨンデミーオンライン」は、5〜1…
オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」運営やイベントテック事業展開の「ストラーツ」が2,500万円調達
2020年11月18日、株式会社ストラーツは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」などBtoB向けイベント事業の運営や、大…
ロンブー田村淳が新会社「株式会社がちキャラ」設立
吉本興業に所属するロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が、2019年6月に株式会社がちキャラを設立しました。 がちキャラは、SNSを中心に、“がちで頑張っているキャラクター”をサポートすることを目的に設立…
風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が資金調達
2021年11月24日、レラテック株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 風況観測、風況シミュレーション、風況解析事業を展開しています。 風況観測事業では、風力発電事業において必要となる風…
「第1回 Japan マーケティング Week【関西】」9月9日(水)からインテックス大阪で新規開催
リード エグジビション ジャパン株式会社が主催する、「第1回 Japan マーケティング Week【関西】」が2020年9月9日(水)~11日(金)の3日間、インテックス大阪で開催されます。   関西…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ