注目のスタートアップ

サブスク請求管理SaaS「KIMERA」やスケジュール管理SaaS「Aipo」など提供の「TOWN」が3.1億円調達

company

2022年1月13日、TOWN株式会社は、3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、モバイル・インターネットキャピタル株式会社です。

TOWNは、サブスク請求管理SaaS「KIMERA(キメラ)」や、スケジュール管理SaaS「Aipo(アイポ)」、コーポレートサイト管理SaaS「SiteCloud(サイトクラウド)」、不動産賃貸管理SaaS「Bayan(バヤン)」を提供しています。

「KIMERA」は、サブスクリプションビジネスにおける請求・入金消込・売上計上までの一連のプロセスを自動化するサービスです。

今回の資金は、「KIMERA」の成長のための人材採用などに充当されます。

製品やサービスを利用する権利を定額制で一定期間提供するビジネスモデルであるサブスクリプションビジネスは、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスといったデジタルコンテンツからはじまり、現在ではお菓子などの食品や、住宅や車などの高価なものにも広がっています。

サブスクリプションサービスは、消費者にとっては安価に製品やサービスを利用できること、やめたいときにいつでもやめられ、所有・処分のストレスがないことが大きなメリットとなっています。

一方事業者側としても、収益が安定することや、ユーザーのデータが得やすいことなどがメリットとなっています。

サブスクリプションはユーザーに継続的に利用してもらうことやユーザー数を増やすことが収益の向上につながるため、サブスクビジネスの効率化や分析に特化したツール・システムが大きな効果を発揮します。

「KIMERA」のように請求管理に特化したもの、解約の抑止・分析に特化したもの、顧客分析に特化したものなど様々なものがあるため、自社の課題に合ったツールを導入することが肝心です。

創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KIMERA SaaS TOWN キメラ サブスクリプション 株式会社 管理 請求 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

下膳自動化ロボット開発の「スマイルロボティクス」が4,500万円調達
2020年1月30日、スマイルロボティクス株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボットを開発してい…
秘匿したままデータの処理・活用が行える「DataArmor」など提供の「EAGLYS」が8億円調達
2021年2月15日、EAGLYS株式会社は、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 秘密計算を中心としたセキュア・コンピューティング技術によりデータを秘匿化したまま共有・検索・分析やA…
モバイルオーダーPOS「ダイニーセルフ」提供の「dinii」が3.5億円調達
2021年7月27日、株式会社diniiは、総額約3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店向けモバイルオーダーPOS「ダイニーセルフ」を開発・提供しています。 「ダイニーセル…
クラウド型受発注ソフト「建設PAD」提供の「KPtechnologies」が5,200万円調達
2022年3月2日、株式会社KPtechnologoesは、総額5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設業界向けクラウド型受発注ソフト「建設PAD」を開発・提供しています。 契約書…
便失禁・尿失禁の治療を目的とした細胞治療の研究開発を行う「イノバセル」が「HiJoJo Partners」などから5.5億円調達
2022年6月2日、イノバセル株式会社は、総額5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、HiJoJo Partners株式会社によって組成された「Innovacellファン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ