スマートリモコン「Nature Remo」や電力小売事業展開の「Nature」が7.5億円調達

company

2021年7月14日、Nature株式会社は、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

スマートリモコン「Nature Remo(ネイチャーリモ)」の開発・販売や、電力小売事業「Natureスマート電気」を展開しています。

「Nature Remo」は、赤外線リモコンを備えた家電であれば、メーカーや型番・年式を問わずに利用できるスマートリモコンです。

スマートフォンから家電を操作できるほか、Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーと連携することにより音声による操作もできます。

今回の資金は、「Natureスマート電気」の拡販に必要な組織・販売体制・マーケティングの強化に充当されます。

また、家庭用太陽光の導入とエコキュート(給湯器)・蓄電池・EV等のエネルギーマネジメントをセットで行い、戸建て住宅の再エネでのエネルギーの自給自足を実現する、Behind The Meter事業の基盤構築を目指しています。

これまでエネルギーをどれだけ使ったかという情報は、検針票などで大まかにしか把握することはできませんでした。

しかしIoT技術の進展により、どの時間にどの機器や照明でどれだけ使ったかといったエネルギーの使用状況を可視化することができるようになってきました。

この家庭内のエネルギーを可視化し把握するシステムを、HEMS(Home Energy Management Service)と呼び、政府は2030年までに全世帯への設置を目標としています。

HEMSは、家庭内での省エネ化のための核となるシステムであり、住宅の標準設備として普及が進んでいます。

エネルギーマネジメントは企業にとっても重要です。特にオフィスの電気代の5割は空調といわれており、ここを最適化するだけでもコスト削減に貢献できます。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊である「総務手帳」では、オフィス空調を最適化する方法や、生産性の高まる温度・湿度などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HEMS Nature Remo エネルギー スマート・ホーム スマートリモコン スマート電力 ホーム・エネルギー・マネジメント・システム 再エネ 自然エネルギー 電力
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

核融合炉関連機器提供などの「京都フュージョニアリング」が1.16億円調達
2021年1月20日、京都フュージョニアリング株式会社は、総額1億1,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 京都大学エネルギー理工学研究所の小西哲之教授が中心となって開発した、核融合装置…
電力売買プラットフォーム開発中の「デジタルグリッド」が資金調達
2019年11月18日、デジタルグリッド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 電力の自由な選択・売買を可能とするプラットフォーム「デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)」の構築を進め…
電気自動車を活用した電力需給調整システム開発の「REXEV」が7.4億円調達
2020年12月21日、株式会社REXEVは、約7億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気自動車(EV)を活用した電力需給調整システムの開発や、EV特化型カーシェアリング「eem…
AIによる電力分析技術を活用したサービスを提供する「インフォメティス」が8億円調達
2020年2月20日、インフォメティス株式会社は、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家庭全体の電力測定結果から個別家電の使用情報をAIで推定する技術(家電分離推定技術)や、家電の電力…
拡張性の高い商用車向けEV充放電システム開発の「Yanekara」が5,500万円調達
2021年9月8日、株式会社Yanekaraは、総額5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 一基で複数台のEVを太陽光で充電できる充放電機器(V2X機器)と、電気自動車(EV)など多様…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ