創業時に押さえたい「PCと周辺機器選びのヒント」

事業のためのPCと周辺機器選びのヒントを紹介します

japanhp

(2019/12/02更新)

創業時のPC選びは仕事の効率に直結するので、慎重に行いたいものです。プライベートで使っていたPCをそのまま使うと意外なリスクが潜んでいることは認識しておくべきことのひとつ。
さらに、周辺機器を賢く選べば、業務効率は大幅に向上します。ここでは、PCと周辺機器選びのヒントをご紹介します!

PC選びのヒント

「セキュリティ」を重視する

機密情報を守ることは企業の存続にかかわる重要なテーマ。ソフトウェアやネットワークによるセキュリティ対策だけでは不十分といわれています。グローバルで実績のある法人専用のPCがビジネスで選ばれる大きな理由がセキュリティなのです。

「無駄のない構成」にする

多彩なソフトが搭載されているプライベート用のPC。しかし、様々なソフトウェアがバックグラウンドで起動し、CPUやメモリを無駄に消費していることも。効率のよいビジネスのためには、無駄なソフトウェアがインストールされていない法人専用のPCを選ぶのが鉄則です。

「万一のトラブル」に備える

サポートセンターに電話がつながりにくい、ようやくつながったがオペレーターの日本語がおぼつかない…。ビジネスの俊敏性を確保するために、PCは「サポートデスク」の品質も重視し
たいもの。法人専門のスタッフが待機しているPCメーカーを選ぶのがおすすめです。

創業企業におすすめのPC

革新的な働き方を実現するゼロから設計を見直したノートPC

HP Elite Dragonfly
インテル® Core™ i5-8265Uプロセッサー搭載

高いセキュリティと管理性を実現した様々なニーズを高次元で満たすパフォーマンスモデル

HP EliteDesk 800 G5 SF
インテル® Core™ i7-9700プロセッサー搭載

周辺機器選びのヒント

「生産性」をアップさせる

働き方に見合った適切な周辺機器を選べば、仕事の生産性が飛躍的にアップします。まずは使ってみて、利便性を体感することが重要です。

「給電可能」なものを選ぶ

ケーブル一本でノートPCやスマホなどに給電できる周辺機器が増えています。省スペースで、外出先でも重宝します。

「拡張性」を意識する

モニターなどの周辺機器にUSBハブ/ドック機能が付属していれば、ノートPCを持って離席する際に複数のケーブルを外す必要がありません。

創業企業におすすめの周辺機器

USB-C™対応・ドック機能付属で省スペースと効率化を実現

HP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243d

PC・スマホなどを同時充電パワフルなモバイルバッテリー

HP USB-Cモバイルパワーバンク

法人用PCと周辺機器の頼れる窓口

「PCを新規導入したい!」「使いやすい構成や納期についてまるごと相談したい!」そんなとき、専用窓口に電話をすれば、貴社専属担当がPCのあらゆるお悩み・ご相談に対応。貴社のパソコン選定をサポートしてもらえます。

法人専用窓口:0120-069-321

こんなときに頼れる!

パソコンに疎くてわからない・・・

利用シーンや予算から最適な製品を提案してもらえる!

周辺機器はどうすればいいの?

モニター・プリンターなどのオフィスIT機器もお任せ!

PCのサポート対応は?

PC標準保証は最低1年、モニターは3年、さらに保証期間を延ばせるオプションも。
使用環境に合わせた保証プランが用意されています。

忙しくて電話に出られません

希望の時間に電話が可能!さらにメールやFAXでも相談が可能です。

急ぎで安くPCを購入したい

超特価・短納期の製品の提案をしてもらえます!

創業手帳からパソコンカタログを請求できます。

「HPの法人用PC」についての詳細カタログを無料で差し上げています。詳しくは、下のボタンからどうぞ!

(取材協力:株式会社日本HP
(編集:創業手帳編集部)

この記事のコメント

この記事に関連するタグ

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す