居抜きとは

居抜きとは、飲食店を始めようとするオーナーが、開店準備に掛かる初期費用を削減するため、閉店した店舗を、設備や施設が付帯した状態で購入またはレンタルすることを言います。

このような物件(閉店店舗)を居抜き物件と言います。

閉店店舗と同じ業種であれば、利用できる設備などが多いため、新規に物件を探し、設備も揃えるよりも費用的なリスクも少ないため、便利とされています。

「居抜き」に関連する記事一覧

飲食店開業術!三度の開業白紙化から学ぶ20年経営者の“失敗論”

三度にわたる開業の白紙化。そこから得た、飲食店創業者が注意する点とは? (2016/07/20更新) 度重なる不動産契約の解除と、創業にまつわるトラブル。時は過...続きを読む

“宣伝なしで満席”の居酒屋『炙り屋』の経営者2人に聞く、共同経営のメリットと秘訣は?

飲食店「炙り屋」原氏・島崎氏インタビュー (2015/12/25更新) 世田谷・用賀にある、海鮮と鳥の居酒屋『炙り屋』。住宅街にもかかわらず、オープンすぐに満員...続きを読む

フレンチシェフ・居酒屋店長を経験したラーメン屋オーナーが目指す飲食業界とは?

「スタッフは必ず正社員」 ラーメン稲荷屋・高橋氏インタビュー (2015/12/11更新) 利率が低い融資制度、補助金や助成金を活用し、27歳で開業。競争の激し...続きを読む

居抜き関連のピックアップニュース

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料