ホーム > 教えて先生!Q&A > フランチャイズ(加盟店)と直営店の違いは?
用語

フランチャイズ(加盟店)と直営店の違いは?

フランチャイズ(加盟店)とは、ある企業の商品やサービス、またはブランドや営業ノウハウなどを別の事業者が販売、運営をする店舗のことです。一方で直営店とは、ある企業が自社の商品やサービスを直接販売し、運営をする店舗のことです。
これらの違いは、商品やサービスを持つ企業が直接、店舗運営するか、または別の事業者が運営する店舗に商品やサービスなどを提供するのかが異なります。

フランチャイズ(加盟店)と直営店の違い、それぞれのメリットやデメリットについて詳しく説明します。
はじめに、企業において同じブランドの店舗を広げる経営形態のことを「チェーン展開」と呼びます。同じ店名や商品によって店舗を運営するもので、例えばコンビニエンスストアなどの小売業、ファーストフードレストランといった飲食業で広く使われる形態です。
チェーン展開を行うメリットは、同じ店名や商品が多数存在することによって、知名度の浸透や仕入れコストの削減、早期の多店舗展開を図られることなどが挙げられます。

ここで、チェーン展開の方法として「フランチャイズ」と「直営店」があります。
まず、フランチャイズとは、ある企業の商品やサービス、またはブランドや営業ノウハウなどを別の事業者が販売、運営をする店舗を意味します。このような形態はフランチャイズチェーンとも呼ばれ、FCと略されます。
フランチャイズでは、次の2つの業者が契約をすることで店舗開業、運営がされます。

・フランチャイザー … フランチャイズ本部の企業
・フランチャイジー … フランチャイズに加盟した個人事業主または法人

フランチャイザーである本部の企業は、商品の仕入れや管理の方法、営業ノウハウなどをフランチャイズに提供します。一方でフランチャイジーである個人事業主や法人は、店舗開業にあたって自己資金で準備をし、フランチャイザーの商品やノウハウを使って経営をしますが、それらの対価として開業時には加盟金や保証金を支払い、開業後もロイヤリティを継続的に支払う必要があります。
また、フランチャイズの経営者はオーナーと呼ばれます。フランチャイズ本部の企業に雇用されているわけではなく、独立した経営者となります。

続いて、直営店とはある企業が自社の商品やサービスを直接販売し、運営をする店舗のことを意味します。このような形態はレギュラーチェーンとも呼ばれ、RCと略されます。
フランチャイズとは異なり、チェーンを運営する本部の企業が、自社で店舗を設けて店舗開業をしますので、開業に必要な資金も全て自社の負担となります。
また、直営店の責任者は一般的には店長と呼ばれ、フランチャイズ本部の企業に雇用されています。

ここまでで、フランチャイズと直営店それぞれについて説明しましたが、これらの違いは店舗経営をする事業者が異なる点です。
フランチャイズでは、フランチャイジーである個人事業主や法人が独立して店舗経営者をしますが、直営店ではフランチャイザーである本部の企業自体が店舗経営をします。
従って、世の中で広くチェーン展開をしているコンビニエンスストアやファーストフードレストランなどにおいて、店舗や商品は同じでも店舗経営をする事業者が異なる場合も多くあります。

さて、フランチャイズと直営店のメリットとデメリットについても補足します。
まず、フランチャイズのメリットは、素早く効率的に店舗開業をできる点が挙げられます。フランチャイザーとしては、資金や人材を使わずに店舗と利益の拡大を図ることができます。フランチャイジーとしても、既存の商品やノウハウを活用することで、円滑な店舗経営が可能となります。
逆に、フランチャイズのデメリットとしては、店舗の統制がしづらいことやトラブルによる全体への悪影響もあります。フランチャイザーでは、各店舗のオーナーに経営を任せることで統制が難しい場合や、一部でのトラブルがブランド全体へのイメージ低下につながるケースもあります。また、利益の面でもフランチャイズからの手数料であるため直営店に比べると低くなります。

次に、直営店のメリットは、店舗のマネジメントのしやすさと売上が全て収益となる点が挙げられます。フランチャイザーとして、自社で雇用する人材で店舗経営をしますので、戦略や商品の試行あるいは変更などにも柔軟に対応することが可能です。収益の面においても、本部が得られる収益を最大化することができます。
逆に、直営店のデメリットは、新しい店舗開業の際には時間とコストがかかり、店舗拡大にも遅れが生じます。フランチャイザーは店舗開業にあたり土地や店舗、人材の確保など全ての作業に関わるため、大幅な時間とコストを要します。素早い店舗拡大には不向きな方法と言えます。

カテゴリ 用語
関連タグ サービス ストア デメリット トラブル ノウハウ フランチャイズ ブランド マネジメント メリット ロイヤリティ 事業 人材 企業 個人事業主 利益 効率 収益 商品 営業 売上 契約 対価 小売 展開 店舗 店舗経営 店舗運営 支払い 法人 準備 管理 経営 経営者 自己資金 販売 資金 運営 違い 開業 雇用
上記をはじめ経営に役立つ情報の詳細は、累計150万部突破の「創業手帳」に記載があります。今月号を無料で差し上げています。

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ