注目のスタートアップ

次世代原子炉である高温ガス炉や熱エネルギー貯蔵システムを開発する「Blossom Energy」3.5億円調達

company

2024年2月28日、株式会社Blossom Energyは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Blossom Energyは、日本原子力研究開発機構(JAEA)において、研究炉の研究開発に20年従事した濱本真平代氏(代表取締役)を中心に、安価かつ安全に「熱を生み出す」高温ガス炉の開発事業と、熱エネルギー貯蔵システムの開発事業を行っています。

開発する高温ガス炉は、構成する素材の特性により、過酷事故が起き得ない本質的な安全性を備えた原子力システムです。

この高温ガス炉システムにより、高密度の熱エネルギーを大量に消費する需要家の脱炭素化を実現します。

今回の資金は、エンジニアと事業開発要員の採用に充当します。


原子力エネルギーは二酸化炭素を排出しないことから、脱炭素化の観点から重要なエネルギーとして注目されています。

一方、現在普及している原子力システムは放射能を持った危険な物質を扱うほか、発電などの際に高レベル放射性廃棄物を排出します。したがって、極めて高いレベルの管理体制が求められますが、福島第一原発事故のように想定していない出来事により、重大な事故につながってしまう可能性をなくすことはできません。

高温ガス炉(超高温原子炉)は、炉心の構成材に黒鉛を中心としたセラミック材料を用い、核分裂で生じた熱を外に取り出すための冷却剤にヘリウムガスを用いた次世代原子炉です。

高温ガス炉は耐熱性に優れたセラミック材料を使用することで高温の熱を取り出すことが可能であり、ガスタービン発電方式が採用できるため高効率の発電効率を得ることが可能です。また、発電以外にも化学工業など多様な分野での熱の利用ができます。

さらには、燃料として用いるセラミック燃料粒子は耐熱性が極めて高く、炉心を構成している黒鉛材料の熱容量も大きいため、異常が起きた際も炉心の温度変化が緩慢となり、冷却剤がなくなるような事故が起きたとしても、炉心で発生した熱が原子炉の容器表面から放熱され、炉心融解(メルトダウン)や放射能放出事故が起きるリスクがないという高い安全性を有しています。

また、安全性が高いことで設備が簡素化できるため、経済性にも優れているといったメリットも持ち合わせています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Blossom Energy エネルギー 原子力 原子炉 株式会社 次世代 熱エネルギー 脱炭素化 資金調達 高温ガス炉
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI電話取次サービス「ミライAI」 先行オープンβ版がリリース
2022年4月19日、株式会社ソフツーは、「ミライAI」(先行オープンβ版)をリリースしたことを発表しました。 「ミライAI」は、自動で電話を受け、独自開発のAI技術により顧客の声を認識し、電話対応を…
食品ロスを削減するフードシェアリングサービスを運営する「ロスゼロ」が資金調達
2022年10月13日、株式会社ロスゼロは、資金調達を実施したことを発表しました。 ロスゼロは、規格外品・過剰在庫を販売するECや、未利用食材でつくるアップサイクル食品の開発、余剰在庫などの不定期・不…
介護領域に特化した動画・SNSメディア・介護職コミュニティ「ケアきょう」を運営する「カイゴメディア」が資金調達
2023年5月19日、株式会社カイゴメディアは、資金調達を実施したことを発表しました。 カイゴメディアは、介護領域に特化した動画・SNSメディア・介護職コミュニティ「ケアきょう」の運営、介護向け人材紹…
「Salesforce」導入支援などの「ウフル」が資金調達
2021年1月5日、株式会社ウフルは、資金調達を実施したことを発表しました。 2008年からセールスフォース・ドットコムのパートナー事業を開始し、Gold Partnersの一員として、「Salesf…
クリエイター・プロダクション事業など展開の「BitStar」が10億円調達
2020年8月17日、株式会社BitStarは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クリエイター・プロダクション「BitStar」や、コンテンツ・スタジオ「BitStar Studi…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】