注目のスタートアップ

リモートワーク環境整備プラットフォーム「リモートHQ」提供の「HQ」が2億円調達

company

2022年4月6日、株式会社HQは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

HQは、社員ごとに最適なリモートワーク環境の構築を実現できる福利厚生サービス「リモートHQ」を提供しています。

企業が設定したポイント(社員ひとりあたりの月額予算)に応じて、デスク・チェア・モニター・カメラ・フィットネス機器など、各社員が最適なものを自分で選択することができるサービスです。

コンシェルジュから、自宅の間取りなどを考慮したリモートワーク構築のアドバイスをもらえるため、個々人に最適な環境を構築することが可能です。

今回の資金は、「リモートHQ」の開発・販売体制強化とマーケティングに充当されます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、企業では急激にリモートワークの導入が進みました。予期していなかったことであるため、事前に準備ができず、適切なリモートワーク環境の構築に対応できないといったケースも散見されました。

働き手としても自宅に仕事環境を整えていないことも多く、インターネット回線の整備や、ワークチェアの導入などを個別に行った人もいるでしょう。

一方で、機能性の高いワークチェアは個人では手を出しにくい価格であることも多く、自分で環境の構築ができず劣悪な環境下でリモートワークを行っている人も少なくありません。こうした環境を改善するため、在宅勤務手当などを支給する企業も増えてきました。

しかし在宅勤務手当を支給しても本当に環境整備に使ってくれているのかはわからないですし、それが生産性の向上につながるものであるかも把握することはできません。また、効果を最大化するため個別対応をすると不公平につながるため、企業では最適な対応に苦慮しています。

HQが展開する「リモートHQ」は、福利厚生サービスとして個人のリモートワーク環境の構築を支援するサービスです。上記の課題を解決するため、企業が設定したポイント内で、社員が自分に必要なアイテムを選んで利用することができるという仕組みを構築しています。また、専門コンシェルジュによるサポートを行うため、社員ごとの課題に合わせた最適な環境を構築することが可能です。

リモートワークの実施には、社内システムの整備が必要です。創業期はなにも導入されていない状態のため、最新のシステムを好きなように導入することができます。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HQ サービス プラットフォーム リモートHQ リモートワーク 整備 株式会社 環境 福利厚生 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

暗号資産/ウォレット不要でデジタルコンテンツを購入できるサービスを開発する「microverse」が5,000万円調達
2022年2月4日、microverse株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IPやクリエイターのファンが暗号資産/ウォレット不要で簡単にデジタルコンテンツを購入でき…
リファラル×エンジニアで切り込めるか エンジニア同士で仕事紹介できるサービス運営の「Re:Build」が3,000万円調達
株式会社Re:Buildは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニア同士で仕事紹介できるサービス「Tadoru」を運営しています。 システム開発を依頼したい企業が、“タ…
CO2排出量可視化・脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」など展開の「booost technologies」が12億円調達
2022年2月2日、booost technologies株式会社は、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 CO2排出量の可視化やレポート化ができるクラウド型プラットフォーム「ENER…
クラウド営業支援ツール「Senses」提供の「マツリカ」が3.7億円調達
2019年10月30日、株式会社マツリカは、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」を提供しています。 蓄積された営業の情報…
心臓リハビリ治療用アプリなどを開発する「CaTe」が1億円調達
2022年3月10日、株式会社CaTeは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Coral Capitalです。 CaTeは、外来心臓リハビリを自宅で行うことができる心臓リハビリ治…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ