ホーム > 教えて先生!Q&A > マイナンバー制度の導入に伴う情報漏えい対策とは?

マイナンバー制度の導入に伴う情報漏えい対策とは?

まず、マイナンバー制度とは、住民票を有する国民全てに1人1つの番号を付与して、社会保障、税、災害の分野で効率的に国民1人1人の情報を管理運用し、国民の利便性を図る事が目的とされた制度です。

このマイナンバー制度にはデメリットとして、個人情報が漏えいされるという大きな問題があります。特に企業ではリスクが高まる為、この情報漏えいに対する対策としては、個人情報を扱う部署のみならず、経営視点レベルでの問題提起と解決を行う社内整備が重要とされています。また、情報責任者等のポジションを新設し、全社的に規則を持って、対応する必要があります。

カテゴリ
関連タグ マイナンバー リスク 個人情報 管理
上記をはじめ経営に役立つ情報の詳細は、累計150万部突破の「創業手帳」に記載があります。今月号を無料で差し上げています。
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ