飲食開業手帳

損益分岐点とは

飲食業における損益分岐点とは、売上と費用(コスト)が一致して、利益も損失も出ない時の売上高を指します。別名、損益分岐点売上高とも言います。

売上が損益分岐点を越えると利益が出ますが、下回ると損失が出ます。損益分岐点は低い方が良いとされています。

また、損益分岐点は固定費÷(1-変動費/売上高)で求めることができます。

[飲食店の開業手帳] はこちら

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「損益分岐点」に関連する記事一覧

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ