ホーム > 教えて先生!Q&A > 証憑書類とは?
法律・労務

証憑書類とは?

法人、個人に関係なく相手との取引において、相手から受領したもの、または、自身が相手に対して発行したものです。

この証憑書類は多岐に渡り種類は様々あります。具体的には、領収書、見積書、契約書、支払証明書等です。近年は相手とのメール内容も証憑書類にあたる事があります。

証憑書類の目的としては、口頭のみのやり取りですと、後々、取引内容に間違いや差異が発生し、トラブルに発展する事が多い為、このトラブルを未然に防ぐ役割があります。

また、領収書においては、会計上の書類としても利用される事が多くあります。

証憑書類は取り交わすだけではなく、署名、捺印が必要な場合には対応し、保管する事が重要です。

カテゴリ 法律・労務
関連タグ 会計 取引 契約書 証明 領収書
上記をはじめ経営に役立つ情報の詳細は、累計200万部突破の「創業手帳」に記載があります。今月号を無料で差し上げています。
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ