ネット初心者のための商品・サービスのネットPR

定額ホームページ作成パック

ネットで集客し、購入してもらい、リピーターになってもらうための基本的なフロー

インターネットを使った自社の商品やサービスのPRは、上手くやればとても費用対効果が高いPR手法だ。よって、予算が限られているスタートアップベンチャーや中小企業こそ、うまく活用すべきだろう。

現在はインターネット上で商品やサービスをPRしていくツールは多数あるが、それらはそれぞれ目的に応じて適した使い方をしなければならない。ここでは、これらのツールをうまく活用しながら、自社の商品やサービスをうまくPRしていくための基本的な流れを紹介する。
PR-OnTheWeb

本文を読む

1. 商品やサービスを「知ってもらう」

1.1. コンテンツをつくる

インターネットでのPRの第一歩は、自社の商品やサービスを潜在顧客に「知ってもらう」ことである。

そのためには、事前に商品やサービスを紹介するWebページ(コンテンツ)をホームページに作っておく。ホームページは商品やサービスをネットでPRしていく上での基本だ。

詳細は「3. 商品やサービスを『欲しいと思ってもらう』」で述べるが、常に意識して以下の3つの訴求ポイントを意識しておく。

  1. あなたの顧客は「誰」か?
  2. 顧客はあなたの商品やサービスに「どんな」価値を感じるのか?
  3. 「なぜ」顧客は(他社商品に)浮気をしないのか?


 
これらの訴求ポイント意識しながら、顧客が興味を持ち、欲している情報が盛り込まれたコンテンツを徹底的に作り込む。コンテンツがいい加減だと、後述するテクニックのすべてが無駄になってしまう。

 

1.2. ソーシャルツールで発信する

あなたの商品やサービスを紹介するコンテンツができたら、次にソーシャルツールを使ってコンテンツへのリンクや商品やサービスに関するニュースを投稿する。

Webページを作っただけでは、誰の目にも留まらない。よって、FacebookやTwitterなどのソーシャルツールを使って情報を広める。

ソーシャルツールの良いところは、安価(基本的には利用は「無料」で「企業アカウント」を作成して利用できるツールが多い)で手軽に情報を投稿でき、ユーザに向けて情報発信できるように作られていることだ。興味を持ったユーザは、その情報を不特定多数のつながりあるユーザに簡単に拡散できるようになっているので、優れたコンテンツであれば、指数関数的に多数のユーザに向けて情報が広まっていく。

投稿には、作成したコンテンツにリンクを記載し、ユーザの思わず興味を抱くような「惹き」の強いキャッチフレーズや写真を含めよう。

また、ソーシャルツールは潜在顧客と「緩く」つながることができるので、継続的なファンを獲得するためにも、「企業アカウント」を「フォロー」してもらえるようにする。

FacebookやTwitterの「企業アカウント」と「公式ページ」の作り方はこちらを参照して欲しい

> ソーシャルメディア活用 -FacebookやTwitterを使いこなす-

 

1.3. 良いコンテンツはSEOにも強い

ソーシャルツールは、前述のようなメリットがある反面、大量の情報を一度に発信することはできないし、発信された情報がユーザの目に留まる時間は短いというデメリットがある。いわゆる、「電車から見える沿線の看板広告」のように、投稿が「流れていってしまう」のだ。

しかし、ソーシャルで広く拡散された「良い」コンテンツは「流れていったあとに新たな導線」ができる。

それは検索エンジンの検索結果からの導線だ。顧客が興味を持ち、欲している情報が盛り込まれた「良い」コンテンツは、SEOに強い。つまり、検索エンジンの検索結果で、上位表示され易くなる。

ソーシャルからの流入は投稿直後の一時的なものだが、検索エンジンの検索結果で上位に表示されるようになると、ユーザが常にコンテンツのページに流入するようになる。検索結果から流入するユーザは、あなたの会社の商品やサービスに興味をもったユーザであり、すなわち、購買につながる可能性が高い「潜在顧客」である。

 

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

定額ホームページ作成パック

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す