手芸用品店の開業手帳

  • 手芸用品店というのは、手芸や工芸に必要とされる材料を提供している専門店になります。
    その内容ですが染料や糸類、また生地や木彫、そして陶芸用品などになります。

1.開業する際に必要となる手続きについて

開業の際は必要となる資格はありません。
新規参入は自由にできます。

また通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署に開業申請を、また法人の場合は必要に応じ、健康保険や厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワークへ、また労災保険関係は労働基準監督署、そして税金関連は所轄の税務署、または税務事務所に申請してください。

2.開業する際の注意点、準備について

手芸用品店で提供している商品は、刺繍用品や手編み用品、また陶芸や木彫、さらに人形制作といった工芸用品などになります。
商品の仕入れについてはメーカー直下の仕入れ方法や、問屋からの一括仕入れの方法があります。

しかし少量多品種の商品が多いので、問屋からの一括仕入れが多くなっています。
そのため各問屋間との関係を深めていく必要があります。
そのようにすることで商品仕入れもスムーズになり、品揃えも充実してきます。

店頭では現金販売が多いので代金回収もスムーズになります。
また不良在庫の処分など、常に回転率に注意しておく必要があります。
販売促進施策ですが、例えば手芸・工芸専門の講師を招聘して講演教室を開催し、また手芸・工芸の専門学校との関係を築く方法もあります。
そのようにすることで、手芸・工芸に対しての潜在需要も増え固定客も増えてくることが考えられます。

さらに今後はシニア女性の需要が拡大することが考えられます。
そのためシニア専用の施設など、シニア層にも積極的な呼びかけるようにしてください。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

小売店に関するお店ごとの開業手帳

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ