尿一滴でがん診断の「スマートエレガンス」が始動

1適の尿からがんを診断する技術の実用化を目指すベンチャー企業「スマートエレガンス」が立ち上がりました。

九州大学大学院理学研究院味覚・嗅覚センサ研究開発センター助教の広津崇亮氏らの研究グループが発表した研究成果の事業化を目指すベンチャーです。

がん患者に特有のにおいを識別する生物の「C.elegans」と呼ぶ線虫を活用し、がんを診断します。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする