秘密保持契約書とは

秘密保持契約とは、取引において危機管理を徹底する事に用いる契約書を言う。
別名をNDAと表現する場合が多い。

この秘密保持契約書を締結する事で取引において起こり得る情報及び機密の漏洩を、
法的効力を用いながら管理する事が出来る。
主に雇用契約書の不随締結、M&A、デューデリジェンスで特に用いられる事が多い。

秘密保持契約書は課税文書に該当しない為、印紙貼付は不要とされている。
ただし、業務委託契約書に補填する形式で締結する場合は、業務委託契約書が課税文書である為に、印紙貼付が必要となる場合もある。

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「秘密保持契約書」に関連する記事一覧

弁護士 淵邊 善彦|起業家に必要な契約書には何がある?秘密保持契約(NDA)の注意点【淵邊氏連載その1】

「契約書どうするの?」起業家のための超契約書入門 ビジネスと契約書は切っても切れない関係です。従業員との間に結ぶ雇用契約をはじめ、売買契約や業務委託契約、秘密保...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ