「営業用Web 会議ツール」で販促拡大・売上アップ!

業務効率化の強い味方「営業用Web会議ツール」を紹介します

(2019/11/01更新)

「営業活動の範囲を広げたい」、「営業の数を増やしたい」、「リアルタイムで商品の良さをPRしたい」。創業後の営業活動を加速したい時、全てを人力でまかなおうと考えるのはとても大変です。特に、人的コストに大きな割合を割くことができない創業期は、思うように営業活動を行うことができずに悩む経営者も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、「営業用Web 会議ツール」。オンライン上で、PC 画面や資料を共有しながら商談できるサービスで、ネットに繋がったPC やタブレットさえあれば、どこでも活用できます。訪問や移動時間といったコストのカットにつながるので、営業活動をより効率化し、売上アップにつなげることが可能です。

こんな課題解決におすすめ!営業用Web会議ツール

営業用Web会議ツールは、商談や顧客への直接のアプローチが多い領域の事業で、特に親和性が高くなります。実際にどんな課題を解決できるか、例を紹介します。

「全国に営業をかけたい」

例えば人材紹介業で、提携先を全国に拡大したいと考えている企業の場合、直接訪問が増えると交通費がかさみます。かといって、電話越しの営業は意思疎通が難しいという側面も。

営業用Web会議ツールを使えば、オンライン上で商談できるので、範囲に縛られることなく全国で営業をすることができます。また、資料を共有しながら商談できるため、意思疎通もスムーズになるメリットがあります。

「ソフトウェアの良さをPR したい!」

管理ツールを提供する企業で、自社商品ソフトの使いやすさをアピールする際に、PCの画面を見せながら営業したいというケースはよくあると思います。一方で、社用PC の画面を直接見せるのはセキュリティ上不安があります。営業相手のPCも活用した営業ができるとベストです。

営業用Web会議ツールは、顧客のPCに操作画面を表示しながら説明することができます。実際の操作の様子を見せながら說明できるので、電話口でもより伝わりやすい営業を行うことができるでしょう。また、操作画面からそのまま試用版の申し込みにつなげることも。

「営業数が多くて手が回らない!」

対面のやり取りがメインのコンサル業では、ひと月に数十件の営業先に訪問する会社も少なくありません。その全てを人の足で行うと考えると、移動の時間もかかりますし、訪問準備の作業をする時間が足りなくなってしまうことも考えられます。

そんな時に営業用Web会議ツールを活用すれば、移動時間を削減し、作業時間も確保しやすくなります。直接会う商談と、オンライン上でも可能な商談とを使い分けることで、営業の効率アップ。削減した時間を資料作成など他の業務にあてることで、提案力も向上し、より効果的な営業活動につなげることができそうです。

手軽・簡単・安心の「RemoteOperator Sales」

営業用Web会議ツールでオススメしたいのが、「RemoteOperator Sales」です。3つの特徴を紹介します。

1万円/1ライセンスから使える

月額1万円、かつ1ライセンスから取得できるため、手軽に始めることができます。

接続はたったの2ステップ!

利用を始めるには、商談相手に専用ページURLを共有し、接続番号を入力してもらうだけ。2ステップで運用できる簡単さも魅力です。

銀行でも利用されている安心感

「RemoteOperator」シリーズは、金融機関でも多数導入実績があります。厳しいチェックが求められる銀行でも採用されているということで、セキュリティ面も安心感があります。

RemoteOperator Sales利用者の声

RemoteOperator Salesを実際に導入した事業者の声を紹介します。

クラウドアプリ開発・販売・運用 スマイルワークス

営業1人でも全国に営業し売上拡大。成約率が2倍に!

「RemoteOperator Sales」の活用により、お問い合わせがきた直後の興味関心が強いタイミングで、デモを実施できるようになりました。実際の操作方法を共有したPC 画面でお見せしながら説明できるので、遠方のお客様との意思疎通もスムーズです。また、都内の案件であっても確度が低そうだと判断した場合、リモートデモで案内することで無駄な訪問も減りました。
対応スピードとコミュニケーションの質が格段に向上した結果、導入後たった8カ月で、地方案件の成約率が9%から19%にアップしました。

外国人向け求人サービス・人材紹介 タカラコーポレーション

営業コスト削減のために検討。無料版試用中に1件成約「これは使える!」

オンラインの営業ツールは初めてだったので、初めは半信半疑でした。2週間使える無料版を試用してみたところ、3件目の営業で早速成約が取れ、「これは使える!」という手ごたえを感じました。接続操作が簡単で、お客様の手間がかからない点でも印象がよかったです。
元々営業コストを抑えたいという課題があったので、営業活動に必要な機能が十分に揃っていて、価格面が他社と比べて安い「RemoteOperator Sales」を選びました。今では、全国への営業の要となっています。

両社とも、販路拡大・売り上げアップの効果を実感しているようですね。

お得なキャンペーン実施中!!

RemoteOperator Salesは、現在新規で導入を考えている経営者向けに、2つのお得なキャンペーンを実施しています。

評価版14日間無料

全機能を使うことができる評価版を14日間無料で提供。まずは一度試しに使ってみたい、という人におすすめです。

創業手帳限定!初年度契約が半額に

創業手帳から申込みをした読者は、初年度の契約料が半額になります。

※2019 年11月1 日(金)~ 2020 年3 月31日(火)に契約したライセンスが対象です
※年契約のみ適用です
※「創業手帳」経由でのお申し込みの方限定です
※ライセンス数の制限はありません(上記条件内であれば、何ライセンスでも全て半額対象)
※キャンペーン終了後の追加ライセンスは通常価格

キャンペーンのお申し込みはこちらから

「RemoteOperator Sales」の詳細、キャンペーンのお申込み方法は、以下から資料をご請求ください!

(監修:株式会社インターコム
(編集:創業手帳編集部)

この記事のコメント

この記事に関連するタグ

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す